【喜寿祝い体験談】喜寿のお婆ちゃんは近所の人気者!

77歳の同級会

もうすぐ大好きなお婆ちゃんが77歳の喜寿を迎えられるという方もいらっしゃるのでは。喜寿のお祝いは、その方の好みや状態に合った方法で行うことが何より大事です。

場所、方法など、どんな喜寿祝いにするのかは、それぞれ個性があって当然。長寿をお祝いするとともに日頃の感謝の気持ちを込めて、お婆ちゃんの喜寿祝いをしましょう。

しかし、実際は喜寿のお祝いはその人にとって一生に一度きりのもの。みなさんがどんな喜寿祝いを行っているのか、気になりますよね。今回は、喜寿を迎えるおばあちゃんの体験談を交え、お祝い方法などをご紹介します。

 

一般的な喜寿祝いの方法

おばあちゃんの77歳のお祝いはどうする?

喜寿祝いは、一般的には孫を含めて家族で集まって食事会をしたり、プレゼントを渡したりして行います

喜寿祝いの場所選び

お祝いの場所については、喜寿をお祝いする方の体調や招待する人数、予算などに応じて決めていきます。自宅にするか、レストランなどの外食にするか、はたまた旅行などに出掛けるか検討しましょう。ご近所さんや知人の方を招待する場合には、ご自宅でのお祝いの方がみなさん気軽に集まりやすくなります。

自宅で喜寿祝いを行う場合には、ホームパーティーのような形で部屋を飾りつけしたり、喜寿を祝う方の好きな料理を中心に準備したりすると、華やかなお祝いになります。家族が揃う機会なので、記念撮影をするのも思い出に残ります

喜寿祝いのプレゼント選び

そして、肝心のプレゼントについて。子どもからや孫からのプレゼントというのはうれしいものですが、特に喜んでもらえるのはお孫さんからの贈り物です。例えば、おじいちゃんやおばあちゃんのことを思って描いた似顔絵やメッセージボード、手紙といったプレゼントは喜ばれます。

そのほか、紫色のファッションアイテムやフラワーギフト、健康グッズ、お茶碗や湯呑みなど実用的なアイテムなどもお婆ちゃんの喜寿祝いには人気です。紫色は喜寿のテーマカラーです。紫色にこだわる必要はありませんが、リボンなどのラッピングに紫色を取り入れてみても良いでしょう。

ご家族で喜寿をお祝いする際に大切なのは、お祝いしたいという気持ちです。子どもやお孫さんの顔を見ながらみんなで食事をしたり、会話をしたりなど、自分のために集まってくれて同じ時間を共有してくれるというのが何よりうれしいと感じる方は多いです。

是非、喜寿を迎える方の気持ちに寄り添ったお祝い方法を検討しましょう。

 

喜寿を迎えるお婆ちゃんのお祝い体験談

おばあちゃんの77歳のお祝い体験談

ここでは、喜寿を迎えるお婆ちゃんをお祝いした体験談についてご紹介します。

うちのお婆ちゃんはこんな人

お婆ちゃんは、いつも私の話を聞くときは、うれしそうににこにこしながら、まるでぽたぽた焼きのお婆ちゃんの様な表情を浮かべてくれます。私の話にしっかり耳を傾けてくれて、うんうんと頷いてくれるのです。それだけで私の心はいつも晴れやかで心地よい気持ちになるのです。

そんなやさしいお婆ちゃんだからこそ、家族はもちろん、ご近所さんもお婆ちゃんのことが大好きで、何かと声をかけてくれます。

「お婆ちゃん、今日もいい天気だね。」とか「お婆ちゃん、今日はどこか出かけるの?」「お婆ちゃん、体調はどう?」「お婆ちゃん、今日は寒くなりそうだからかぜひかないようにね。」といった具合に、お婆ちゃんと会った人はみんな何か話しかけずにはいられない不思議なオーラがあるのです。

入院時にはご近所さんがお見舞いに

おばあちゃんが入院

そんなお婆ちゃんが、昨年転んで腰を強く打ち、入院することになってしまいました。家族はもちろん、ご近所さんも心配してみんながお見舞いに駆けつけてくれました。

そんな大変な状況でもお婆ちゃんはにこにこしながら「大丈夫だから、心配しないで。それより調子はどうなの。」と自分より見舞客を心配するほどで、帰るときには、お見舞いに訪れた人がお婆ちゃんに励まされ帰って行くというパターンが当たり前になっていました。

いつもみんなの太陽のように周りの人たちを温かい気持ちにしてくれるお婆ちゃん。今年もそのお婆ちゃんが誕生日を迎えられたことを、みんなすごくうれしく思っています。いつまでもお婆ちゃんが元気で、そして健康でいられるように、私たちがお婆ちゃんに元気の素をわけてあげなければなりません

前向きで元気に生きるお婆ちゃん

ラジオ体操をするおばあちゃん

それでも、やっぱり我が家の元気の源はお婆ちゃんなんです。毎朝欠かさずラジオ体操をしているお婆ちゃんを見ていると私もうれしくなってきます。「もうかれこれ30年も続けているんだよ。婆ちゃんも100歳までがんばってラジオ体操を続けるからね。」と言っています。これは嘘ではなく、本当に100歳までは長生きしてくれそうです。

いえ、100歳と言わずもっともっと長生きして、世界一長寿のお婆ちゃんになってほしいなあと、元気な姿を見ているとそう思わずにいられません。

うちのお婆ちゃんの喜寿祝い

そんな誰からも愛される、うちのお婆ちゃんの喜寿祝いは、たくさんの人に囲まれた賑やかな食事会にしようと思いました。旅行に連れていくのも良いけど、近所の方もたくさん呼んで気軽にたくさんの人が集える食事会にしようと考えたのです。

大好きなお酒と、ちょっと豪華なオードブルを用意して、あまりかしこまった席にならないようにしました。近所の方には事前に声をかけ、気軽に寄って頂くようにお願いしました。

ふだん顔を合わせる機会が少なくなった兄弟や従兄弟も集まり、「こんなに家族みんなが揃うのは久々だね~」ととても喜んでくれたお婆ちゃん。近所の方は、少しずつお金を出しあってワインをプレゼントしてくれました。

私は、いつも頑張ってラジオ体操に参加するお婆ちゃんが、これからも続けて楽しめるように、白に薄紫色の模様が入ったジャージをプレゼント。「あらあら、それれじゃ、ラジオ体操さぼれないね」なんて冗談を言って嬉しそう。

お婆ちゃんの喜寿をお祝いするためにたくさんの人が集まり、楽しい時間はあっというまに過ぎました。そのお陰で、みんなで撮った写真はとても賑やかで、お婆ちゃんがいかに愛されているかわかります。

近所の方やお婆ちゃんの負担を考えて、お祝いは2~3時間程度でひと区切りすると決めていたので、近所の方はその時点でお帰りになりました。

お婆ちゃん、いつまでもいつまでも元気で長生きしてね。優しいお婆ちゃんがみんなみんな大好きだよ。

いつも本当にありがとうお爺ちゃんお婆ちゃん。

喜寿のお祝い体験談!元気なおばあちゃんの喜寿祝い

【体験談】元気なおじいちゃんのサプライズ喜寿祝い!

おじいちゃんの喜寿祝い

おじいちゃんの喜寿祝い

77歳を迎える元気なおじいちゃんに向けて、特別な1日を喜寿祝いでプレゼントしましょう。お祝いの方法はそれぞれ個性があって構いません。喜寿を迎えるおじいちゃんが、どんな風にお祝いされたら喜ぶのか考えて、企画してみましょう

一般的には喜寿のお祝いのために日時や場所をあらかじめ伝えますよね。でも、サプライズで行う方法もあります。若い世代の人がサプライズを嬉しく思うように、おじいちゃん世代だって喜ぶ人は多いでしょう。きっと、非日常を感じる特別な1日になるはず。

今回は、おじいちゃんの喜寿をサプライズでお祝いした体験談を交えて、お祝い方法やプレゼント選びについてご紹介します。

 

おじいちゃんの喜寿祝いはどうする?

おじいちゃんの77歳のお祝いはどうする?

いつも元気なおじいちゃんに喜んでもらえるような喜寿祝いとはどのようなものなのか、悩まれる方は少なくありません。

一般的には、家族や親戚が集まって自宅などで食事会を開いたり、それぞれが用意したプレゼントを渡したりすることが多いです。家族や親戚が集まりやすいようにゴールデンウィークやお盆、お正月などの連休を利用して喜寿祝いを計画しやすいようですね。

そう、喜寿祝いは数え年で77歳を迎えるかたのお祝いですが、どのタイミングで行うのかは自由です。近年では、数え年よりも満年齢の方が馴染み深いことから、満年齢の77歳でお祝いする地域や家庭もあります。

喜寿祝いの場所選び

喜寿祝いの場所については、おじいちゃんの体調や体力などを考慮して慎重に行いましょう。77歳になると、元気で活発な人も多いですが、体力が落ちて疲労がたまりやすかったり、病気などによりベッドから起き上がることが難しい人もいます。そういった事情から、ご自宅で喜寿のお祝いするご家庭も少なくありません

もちろん、おじいちゃんの体調や足腰などに不安がなければ、いつもとは特別な雰囲気を味わってもらうため、移動距離が短い近場の高級レストランや旅館などでお祝いするのも良いでしょう。

喜寿祝いのプレゼントにふさわしいものとは?

そして、おじいちゃんへの喜寿祝いのプレゼントには、好みの物や趣味に関するものを用意しておくと喜ばれます。お酒が好きなおじいちゃんには、珍しいレアなお酒や焼酎サーバー、名入れのお酒など。喜寿祝いの席で家族でお酒を飲む時間というのも忘れられない喜寿の思い出になるはずです。

また、お孫さんからのプレゼントというのもおじいちゃんにとっては大変うれしい贈り物であり、お孫さんの成長もうれしく思ってもらえるでしょう。

「いつもありがとう、いつまでも元気なおじいちゃんでいてね」の気持ちを込めて、おじいちゃんの喜寿をみんなでお祝いしましょう。

 

おじいちゃんの喜寿祝い体験談

おじいちゃんの77歳のお祝い体験談

ここからは、家族でおじいちゃんのサプライズ喜寿祝いを行った際の体験談をご紹介します。

喜寿祝いをサプライズパーティーですることに決定

私が大好きなおじいちゃんが、77歳になり喜寿を迎えるということで、家族みんなでお祝いのパーティーをしようということになりました。ですが、特別な日なのでそのまま普通なパーティーをするよりも、おじいちゃんをあっと驚かせようということになって、家族全員で芝居を打ち、サプライズなパーティーをすることになりました。

そこでおじいちゃんに知られないようにするために、家族内でメールなどでそっとやりとりしていました。喜寿でもまだまだ元気なおじいちゃんは、お出かけすることも外食するのも、まだ小さな孫と遊ぶのも好きなので、孫たちに協力してもらいながらサプライズパーティーの準備をしていました。

当日自宅でパーティーを準備

喜寿のお祝いパーティー

いろいろと話を進めていると家族だけではなく、親戚も一緒にお祝いをしようということになり、プレゼントや料理のこと、どんな風に進行をすすめるのか、などあれこれ考えていたので、時間はあっという間にたってしまいました。

一番メインとなるプレゼントについても、喜寿のお祝いをする日になってようやく揃ったような感じで、本当にあわただしく時間が過ぎていきました。

当日の計画をざっとご紹介しますね。まず、当日までおじいちゃん・おばあちゃんにはもちろん内緒にしておきます。しかし、旅行や外出で留守では困るので、孫が遊びに行くと伝えて家にいてもらうように予定はおさえておきます

そして、孫を連れていったら、公園つきのデパートに孫を連れていってもらいます。公園つきのデパートなら、近所の公園とは違い時間も稼げると考えたからです。

おじいちゃんが孫を連れ出した瞬間、参加予定の親戚に連絡し、慌ただしくサプライズパーティーの準備をはじめます。いつ帰ってくるか時間との戦いで、とても忙しく準備しましたが、飾りつけや料理などが無事完成。

サプライズ喜寿祝いは大成功!

おじいちゃんはもちろん、おばあちゃんにも内緒にしていたので、おばあちゃんまで驚いていましたが、おじいちゃんは大喜びで大笑いであれこれと食事やケーキを楽しんでいたのがよかったです

そして、プレゼントを渡すときになって、家族全員一人ずつプレゼントを贈ることになったのですが、みんなひとつも同じものがかぶらなかったのがびっくりしたのとすごく面白かったです。事前にそれぞれ打ち合わせをしたわけでもないのに、みんなそれぞれがおじいちゃんの好きなものを用意していて、おじいちゃんもおばあちゃんも笑っていたのでとても印象にのこりました。きっとおじいちゃん自身も思い出深い喜寿の行事になったんじゃないかと思います。

その日は孫と一緒に歌を歌ったり、家族とお酒を飲んだりして、おばあちゃんも嬉しそうでした。喜寿といってもまだまだ元気で、毎日趣味のゲートボールをしたり、健康のためにと万歩計をつけて散歩をしたり、私のおじいちゃんは本当に健康そのものです。なのでこれからもまだまだ長生きしてほしいです。

【体験談】おじいちゃんの喜寿祝いにサプライズプレゼント

喜寿のお祝い体験談!元気なおばあちゃんの喜寿祝い

喜寿のお祝いにお寿司屋さん

喜寿のお祝いにお寿司屋さん

おばあちゃんが77歳の喜寿を迎える際には、「いつもありがとう、これからも元気で」といった気持ちを込めて家族みんなでお祝いすると喜ばれます。

お祝いの方法やプレゼントなどは各家庭によってさまざまですが、一番におばあちゃんの気持ちや体調を優先してお祝い方法を考えてみましょう。

今回は、おばあちゃんの喜寿祝いの方法や喜寿祝い体験談をご紹介します。

 

おばあちゃんの喜寿祝いの方法

おばあちゃんの77歳のお祝い方法

おばあちゃんの喜寿祝いの方法としては、家族や親戚などが集まって食事会を催したり、それぞれが用意したプレゼントを渡したりするのが一般的です

喜寿祝いの場所選び

喜寿をお祝いする場所については、おばあちゃんが日頃から行きたがっていたレストランや旅館などで行う、おばあちゃんが好きな料理を食べられるお店で行う、自宅で行う、といった選び方が挙げられます。場所を選ぶ際には、おばあちゃんの体調や気分を優先して、ご自宅や近場のお店を選ぶように配慮しましょう。

自宅でお祝いするメリットは、何より気兼ねがなく安心できる場所だということです。足腰が弱っていて移動が難しい、トイレが近くにあった方が良い、体調にムラがある、外出が苦手などの理由があった場合、自宅が安心です。

外出してお祝いするメリットは、非日常が味わいやすいということ。いつもとは違う景色を見るだけでも嬉しいと感じる高齢者は多いです。おいしい料理を食べたり、温泉につかったり、観光したりなど、自宅では経験できないことを楽しめます。

喜寿祝いのプレゼント選び

そして、喜寿祝いのプレゼントは、子どもからのプレゼントもうれしいものですが、メッセージボードや似顔絵などのお孫さんからのプレゼントは特に喜んでもらえます。お孫さんが経済的に自立している場合には、洋服やファッションアイテム、湯呑みどの実用的なアイテムといったように選択の幅も広がります。

楽しんでいる趣味があれば、その道具もおすすめ。特に希望がない場合は、喜寿の記念に残るものを検討してみてはいかがでしょうか。例えば、寄せ書きやビデオレター、みんなで撮影した写真を入れる写真たてなど、いつでも喜寿の記念日を思い出せるアイテムがおすすめです。

おばあちゃんの喜寿祝いでは、「大切に思っている」「お祝いしたい」という気持ちが何より大切です。家族みんなで食事をしたり、何気ない会話を楽しんだりするだけでもうれしく感じてもらえます。

おばあちゃんと過ごす時間を大切にできる方法で喜寿をお祝いしましょう。

 

おばあちゃんの喜寿祝い体験談

おばあちゃんの77歳のお祝い体験談

ここからは、おばあちゃんの喜寿祝いをした体験談をご紹介します。

手作りの和菓子屋さんを営むおばあちゃん

おばあちゃんの和菓子屋私のお婆ちゃんは商店街で和菓子さんを営んでいます。私のおじいちゃんが開業し始めた和菓子屋さんですが、一つ一つ手作りの和菓子は評判も良く地域に愛されています。そのお店は私の父も後継ぎとして働いていましたが5年前に祖父が亡くなり経営が大変な時期がありました。

一時は店を閉めることも考えましたが、祖父と頑張ってきたお店なので、もう少し続けてみようということになりました。和菓子の味を以前と変わらないようにするには祖母の力が必要でした。

今の時代、和菓子も機械に任せて大量生産していくのが当たり前になりました。しかし祖母は、自分の手で少量ずつしか作れませんが、味にこだわって全て手作りしました

おばあちゃんの好きな食事で喜寿祝いを計画

お店の経営を学ぶ

もともと大学から地元を離れてずっと遠方にいた私ですが、そんな実家の状況を知り、ついに戻ることを決意しました。少しでもお婆ちゃんの役に立てればと思ったからです。私も祖母に習い店のことを一から教えてもらい、経営の方も勉強するようになりました

小さい頃から父や祖父の仕事を見ていた私ですが、大学を出てからは事務の仕事をしていましたので、知識はほぼ0でしたが、家族はもちろん、ご近所さんも協力があって、お店も何とか軌道に乗りはじめました。

そんなお店を仕切るおばあちゃんももう77才です。現役で頑張ってくれる、やさしいお婆ちゃんも喜寿を迎え、お祝いをしようと考えました。家族はもちろん、ご近所さんも声をかけ盛大に行いたいと思いました。みんなでいろいろと話し合った結果、場所は商店街のお寿司屋さんで行うこととなり、食事についてはお婆ちゃんの好きなお刺身をメインにすることにしました。

当日は家族やご近所さんが集まって喜寿祝い

刺身

当日は広い和室で宴会のような時間が過ぎていきました。信念の強い祖母は言葉数は少ないけれど優しく見守り、ぽたぽた焼きのお婆ちゃんの様な笑顔でその場を和ませていました。

地元ならではの、昔からの顔見知りがたくさん集まったということもあり、リラックスして過ごせた時間になったようです。私からは手紙とカーディガンのプレゼント、両親からは電動マッサージ機のプレゼント。

高価なプレゼントはできなかったけど家族はもちろん、ご近所さんも、お婆ちゃんのことは大好きだし、その大切な気持ちが伝えられた素敵な喜寿のお祝いになったんじゃないかと思っています。

参加してもらえた近所の方や昔からの知人に囲まれて、その日の主役であるおばあちゃんはいつもに増して元気な姿に見えました。77歳という年齢で、こんなにもたくさんの人にお祝いしてもらえるおばあちゃんを、誇らしくも感じました。

そんな感じで過ぎた我が家の喜寿祝い、時間は本当にあっというまに過ぎていき、喜寿祝いの会が終わって家に着いた後のおばあちゃんの顔はまだまだ満足げだったことを覚えています。

喜寿祝いにはたくさんの選択肢があるけれど、今回はこのような形を選んで本当に良かったと感じた瞬間でした。お誕生日は毎年やってくるけれど、喜寿のお祝いは一生に一度のできごとです。うちのおばあちゃんに合う方法が選べたことが、みんなが満足する結果につながったのではないでしょうか

お婆ちゃんには、まだまだ仕事をたくさん教えてほしいし、一緒に頑張りたいので、これからもご指導よろしくお願いします。

【体験談】家族で祝うおばあちゃんの喜寿祝い

【体験談】たくさんの人に囲まれたおばあちゃんの喜寿祝い

おばあちゃんの喜寿祝い

おばあちゃんの喜寿祝い77歳になると喜寿を迎えます。若さを感じさせる77歳の方でも、喜寿を迎えるということは感慨深いものであり、人生を振り返る大切な節目でもあるので、家族みんなが揃ってお祝いしましょう。

喜寿のお祝い方法は、家庭により様々です。場所や方法、人数などは、本人が喜ぶかどうかに重きをおいて検討すると決めやすくなります。

でも、やはり人生に一度きりの喜寿のお祝いですから、「どうやってお祝いすると良いのか」と悩むかもしれませんね。そんなときは、実際にお祝いした人の体験談を参考にするとイメージが膨らみやすくなります。

今回は、家族でお祝いするおばあちゃんの喜寿祝い体験談をご紹介します。

 

家族でお祝い!おばあちゃんの喜寿祝い体験談

家族でおばあちゃんの77歳をお祝いした体験談

ここからは、おばあちゃんの喜寿を家族でお祝いした体験談をご紹介します。

ご近所さんに親しまれるおばあちゃん

近所付き合い

まずは、私のおばあちゃんの紹介を少ししますね。おばあちゃんは、人付き合いが得意な人で、とても家族から愛されています。

家族はもちろん、ご近所さんもお婆ちゃんと話をするためによく訪れます。「お婆ちゃん、今日は天気がいいね」「お婆ちゃん、これおすそわけするから食べてください」と、毎日お婆ちゃんのお家には自然と人が集まります。

そんなお婆ちゃんが、今度77歳となり喜寿を迎えることになったので、みんなでお祝いをしようということになりました

家族やご近所さんと協力して喜寿祝いの準備

ぽたぽた焼きのお婆ちゃんの様なやさしいお婆ちゃんも喜寿を迎えましたが、今でもとても元気です。そんなお婆ちゃんに喜んでもらいたいということで、ごちそうやケーキ、プレゼントを用意することにしました

いつも人が集まる我が家だからこそ、喜寿のお祝いも家族だけで行わずに近所の方と一緒にしていこうと決めました。そのため、お祝いの場所はどこかのお店に出掛けるのではなく、ご近所さんも気軽に寄ることができる自宅に決定。

家族はもちろん、ご近所さんも喜寿を迎えることを喜んでくれて、積極的にいろいろと協力してくれたのが私の中でとても嬉しかったです。

パーティーをするときにごちそうに使う野菜は近所の方が作っている野菜をわけてくれて、ケーキは近所にあるケーキ屋さんで似顔絵のイラストを描いてもらえました。お婆ちゃんそっくりの似顔絵には子供たちのほうが大喜びで、ケーキをあけるのがますます楽しみになっていました。

プレゼントは家族で相談しながら選んだのですが、当日お婆ちゃんに渡したときにわかったことがあります。お婆ちゃんの好きなものをみんな無意識に打ち合わせなく、バラバラに選んでいたのです。

びっくりすることに、誰一人として同じものを選ばず品物がかぶったりしなかったのでよかったのですが、家族だからか、誰が何をプレゼントするのか、などを想像して選んでいたということです。

喜寿祝い当日は大盛り上がり

おばあちゃんに喜寿のプレゼント

お婆ちゃんの喜寿のパーティーは家族はもちろん、ご近所さんもお祝いしてくれて、お婆ちゃんが嬉しそうに笑っている姿が印象的でした。可愛い孫たちからの似顔絵を受け取ったときは、大きな声をあげて喜んでいたので、お婆ちゃんの中で一番うれしいプレゼントだったのではないでしょうか

ぽたぽた焼きのお婆ちゃんの様なお婆ちゃんが、顔をくしゃくしゃにして喜んでくれている姿に少し涙が出てしまったほど、喜寿のパーティーは大盛り上がりでした。お爺ちゃんも孫と一緒に歌を歌ったり、大騒ぎでした。

家族や親戚一同が集まる機会はなかなかないため、おばあちゃんはとても満足げ。そして、ご近所さんもいつもと何も変わらない身なりで気軽に立ち寄ってくれたので、自宅にして良かったと実感しました。

お婆ちゃんはみんなからもらったプレゼントをすごく大事にしていて、毎日愛用していたり、見えるところにいつも飾っていたりします。実家に帰るたびに孫たちと一緒に似顔絵を見たりしていますが、いつも一緒に遊んだりしてくれるやさしいお婆ちゃんは、家族全員どころかご近所さんにも人気ものです。

 

家族でおばあちゃんの喜寿祝いをするために大切なこと

家族でおばあちゃんの77歳をお祝いするために大切なこと

ご近所さんを含め、家族でおばあちゃんの喜寿祝いをした体験談をご紹介しましたが、喜寿祝いのイメージは膨らみましたか?

家族で話し合ってプレゼント選びをしたり、喜んでほしいという気持ちを込めて準備をしたりことがおばあちゃんに喜んでもらうためのポイント。

喜寿祝いの場所や方法は、それぞれの家庭の特徴が出て良いと思います。何より大切なのは、おばあちゃんが喜んでくれる方法を選ぶことです。

家族で過ごす時間が何よりうれしいプレゼントになるという方も多いので、早めに家族が集まりやすい日取りを確保しておきましょう。ご近所さんともお付き合いがある場合には、ご近所さんにもおばあちゃんの喜寿のお祝いをすることを伝えましょう。

77歳といえば、まだまだ活発で元気な方も多い反面、体力が低下していたり疲れやすかったりする可能性もあります。お出掛けして喜寿祝いをする際には、主役となる方のことを第一に考え、移動面での負担はないかなどもしっかりと考慮されることをおすすめします。

多くの人にお祝いされる喜寿祝いはきっとおばあちゃんにとって忘れられない一日になります。おばあちゃんの素敵な笑顔を想像しながら、お祝いの方法やプレゼントを考えましょう。

【喜寿祝い体験談】喜寿のお婆ちゃんは近所の人気者!

アイドル好きなおじいちゃんに・・・喜寿祝いのサプライズ

アイドル好きのおじいちゃん

アイドル好きのおじいちゃん

喜寿祝いの形は、人それぞれ。何よりも大切なのは、お祝いする方への感謝の気持ちを込めて、何が喜ばれるのか考えて実行することです。

おじいちゃんの喜寿祝いでは、おじいちゃんの好きなものやイベントでお祝いすると大変喜ばれます。例えば、おじいちゃんが好きな歌やダンスをみんなで楽しんだり、好きな食事を家族で食べたりなど。

また、当日サプライズで喜寿祝いをするのも驚きと感動が大きくなりますので、喜寿祝いを特別な思い出にしたい場合にはおすすめです。

今回は、アイドル好きなおじいちゃんの喜寿祝いを行った体験談をご紹介します。

 

喜寿祝いは趣味嗜好に合わせるのがおすすめ

77歳のお祝いは趣味嗜好に合わせて

誰でも好きなものや趣味などがあります。そちらに合わせて喜寿祝いの方法やプレゼントの内容を考えると、「自分のためにお祝いをしてくれた」と喜んでもらえます。

例えば、お刺身が好きな喜寿の方ならお刺身が楽しめるお店で喜寿祝いをしたり、歌やダンスが好きならホームパーティーを自宅で開いてみんなで踊って歌ったりなど、喜寿の方に合わせてお祝いの方法を考えてみましょう。

また、プレゼントで言うと、ゴルフが好きなおじいちゃんにはウェアやグローブ、お酒が好きなおじいちゃんには名入れのお酒や焼酎サーバー、酒器などのプレゼントを贈るなど。

おじいちゃんの趣味嗜好に合わせたお祝い方法やプレゼントを考えると、その人のためだけの特別な喜寿祝いになります。事前に何が好きなのか、趣味は何なのかをリサーチして家族でお祝いの方法考えましょう。

記念となる喜寿祝いをしよう!

喜寿は、77歳を迎える方のお祝いです。年を重ねると、毎年の誕生日を迎えることがとてもおめでたいことではありますが、喜寿は一生に一度の人生の節目となることから、より大切にしたいですね。

先程のように、趣味嗜好に合わせたプレゼント選びやお祝い方法を選ぶことで、きっと喜寿祝いが特別な思い出になることでしょう。

趣味や好きなものがないという場合には、家族の時間を大切にできるよう食事会や旅行のプレゼントを検討するのがおすすめです。77歳を迎えるかたの体調やコンディションは人それぞれですから、無理なく楽しめる方法を考えることも大切です。

 

アイドル好きのおじいちゃんの喜寿のお祝い体験談

アイドル好きのおじいちゃんの77歳のお祝い体験談

ここからは、アイドル好きのおじいちゃんの喜寿をお祝いした体験談をご紹介します。

喜寿祝いの内容を家族で会議

おじいちゃんの77歳のお祝い方法を家族で会議

喜寿でもまだまだ元気なおじいちゃんは、アイドルが大好きで私よりも断然情報通です。もちろん、アイドルといっても男子ではなく女子、私には見分けがつかないメンバー達の名前だけでなく生年月日や出身地までスラスラ出てくることもあります。

ちょっと珍しいかもしれませんが、こえが我が家のおじいちゃん。アイドルの顔や名前を覚えたりすることが、いつまでも脳を若く保つ秘訣なのかなと、家族全員感心しています。

そのアイドル大好きなおじいちゃんの喜寿のお祝いをどうしようかと、家族そろっておじいちゃんに内緒で会議を行いました。普通にごちそうを用意してプレゼントを贈呈するだけではつまらないし、なにかいい案がないかと頭を悩ませていたら私の弟がサプライズにしようと言い出したのです。

おじいちゃんの喜寿祝いにサプライズ

いたずら好きのおじいちゃん

実はうちのおじいちゃんはとてもいたずら好き、弟は小さなころから悪意のない嘘をつかれたりビックリさせられたりしてきたのです。

最初は弟も悔しくて大泣きしたこともありますが、徐々に慣れてくるとそのいたずらにダメ出ししたりして結構楽しんでいました。だから、お返しじゃないけれどおじいちゃんをあっと驚かせようと企画を立てることになりました

なにが良いかと考えた結果、以前からおじいちゃん自身も密かに楽しみにしていた喜寿のお祝いを、ギリギリまで家族がすっかり忘れているという設定にすることになりました。家族全員で芝居を打ち、サプライズという流れです。

サプライズというものは入念な打ち合わせが必要になりますので、いろいろと計画を練って、おじいちゃんには内緒で着々と準備をしました。我が家では、代々、長寿祝いは誕生日に行うのが通例です。それがわかっているからか、おじいちゃんは誕生日が近づくにつれ、きっと楽しみが増していたと思います。

口には出さないけれど、お祝いしてもらうのを楽しみにしてそわそわしているおじいちゃんの様子をみると、おかしいやら申し訳ないやら複雑な気持ちになりました。

当日はサプライズで楽しくお祝いして大成功

夕食にサプライズ

そしておじいちゃんの誕生日当日。夜になり普通の食事が食卓に並びがっかりしているおじいちゃんを残し、みんなでいったん引っ込んで準備。そしていよいよサプライズパーティーが始まりました。

家族全員でおじいちゃんが一押しのアイドルグループのコスプレをし、歌って踊りながらケーキやおじいちゃんの大好きなお刺身の盛り合わせを運びました

それを見るなりやられた、というようなおじいちゃんの顔!その顔を見て、大成功だと全員で喜びました。最後にはおじいちゃんまで踊りだし、とっても楽しいパーティーになりました。このような特別なお祝いは、サプライズで楽しくお祝いしてあげると大成功するんだなと学びました。

これは、アイドル好き・イタズラ好きのおじいちゃんだからこそ、心から喜んでくれたサプライズになったのだと思います。ちょっと独特な方法かもしれませんが、我が家のおじいちゃんの喜寿祝いとしては最適だったと実感しています。

喜寿祝いの方法は、家庭それぞれの方法で行えば良いんです。うちのおじいちゃんが、サプライズのアイドルコスプレパーティーで喜んでくれたように、それぞれのおじいちゃんの好きなことや性格を考えて計画してみてはいかがでしょうか。

ともあれ、今回の我が家のおじいちゃんへの喜寿祝いは大成功。これから傘寿・米寿と長寿のお祝いはありますが、またおじいちゃんが喜んでくれるような演出で楽しくお祝いしてあげたいです。

【体験談】元気なおじいちゃんのサプライズ喜寿祝い!

【体験談】心に残るおじいちゃんへのサプライズ喜寿祝い

喜寿でも元気なおじいちゃん

喜寿でも元気なおじいちゃん

喜寿というと、数え年で77歳のことを指します。現代では長生きするのが当たり前のようになってきていて、77歳でも現役並みに元気な人もいますよね。還暦をはじめとする長寿祝いはいくつかありますが、「これからも元気でいてね、長生きしてね」という気持ちを込めて家族でお祝いするのが望ましいです

喜寿を普通にお祝いするのも良いですが、喜寿は一生に一度きりの節目のお祝い。どんな形でお祝いするのかは、家庭によりさまざまです。よりインパクトのある記念日にしたいのなら、当日にサプライズでお祝い・プレゼントをするのも素敵な喜寿祝いになります。

とはいえ、サプライズってハードルが高いんじゃ・・・。と、思う方もいるかもしれません。そこで今回は、おじいちゃんの喜寿祝いにサプライズプレゼントをした体験談をご紹介します。

 

おじいちゃんの喜寿祝い体験談

おじいちゃんの77歳のお祝い体験談

ここからは、おじいちゃんの喜寿祝いにサプライズプレゼントをした体験談をご紹介します。

サプライズで喜寿をお祝いする計画を立てる

サプライズでおじいちゃんの77歳のお祝いをする計画を立てる

僕のおじいちゃんは、今年の誕生日で77歳になり、喜寿を迎えます。喜寿というと何か結構な長生きという感じがする人もいるかもですが、僕のおじいちゃんは喜寿でもまだまだ元気です。

ですので、実際の年齢よりも随分と若く見えます。最近はおじいちゃんのように喜寿でもピンピンして元気な方が多いみたいですね。

そんな元気なおじいちゃんへの喜寿祝いは、どんな方法で行おうか色々と考えました。その結果、誕生日当日は大好きなおじいちゃんをあっと驚かせようと、喜寿のお祝いに家族全員で芝居を打ち、サプライズを行うことにしました

実際に、何かプレゼントを渡してお祝いの席を設けるというアイデアも浮かんだのですが、おじいちゃんをあっと驚かせようとするならば、在り来たりでは満足できないような気がしたので、家族全員で芝居を打ち、サプライズを行うのが最適だと思ったからです。

喜寿でもまだまだ元気なおじいちゃんですので、なかなかばれないように芝居を打つというのもなかなかの難関でした。そのため、お祝いの席だとは知らせずに、普通に夕食を食べに行こうという約束を取り付けてから、おじいちゃんには会場となるお店まで来てもらいました

家族で芝居を打ちサプライズを決行

家族でお芝居

そこで、おじいちゃんの子供と孫で家族全員で芝居を打ち、サプライズを決行しました。その芝居の内容は、僕の父、つまりおじいちゃんにとっての長男が原稿を書いてくれました。おじいちゃんとおばあちゃんの出会いから結婚、そして、子供が生まれてそれぞれに孫が出来るまでを演出しました。

初めての芝居ですので、家族全員での練習も密かに行っていました。素人が芝居をするのですから、台詞がすっかり抜け落ちたりして芝居の難しさに直面もしたけれど、最終的に喜寿のお祝いの席ではアドリブも入ったりしたので、より盛り上がりました

何よりも、僕自身がおじいちゃんの生涯を深く知るきっかけになり、これまで知ることのなかったエピソードや苦労を知るきっかけになったのです。このサプライズを通して、よりおじいちゃんを大切にしなきゃなと思ったのは内緒。

喜寿でもまだまだ元気なおじいちゃんが、芝居を見ながらそっと涙を拭いている姿を見た時に、このサプライズが成功出来て本当に良かったと感じました。

家族全員でしかできない喜寿のお祝いが出来たことは、本当に幸せなことだとつくづく感じています。もっと芝居をきわめて、家族で次のお祝いの席でも企画したいと早くも盛り上がっています。これからも、病気をせずに元気な楽しいおじいちゃんで居て欲しいという願いは、私たち家族共通の願いであることはいうまでもありません。

サプライズを行った家族もおじいちゃんから元気をもらえました。これからおじいちゃんが長生きしてくれるだけ、長寿のお祝いは続きますが、今後ももっともっとおじいちゃんを喜ばせるために念入りに企画して素敵なお祝いをしてあげたいと思っています。

 

楽しめるサプライズで思い出に残る喜寿祝いに

楽しめるサプライズで思い出に残る77歳のお祝いに

サプライズでおじいちゃんの喜寿祝いを行った体験談をご紹介しました。人生を振り返ることができる演出で芝居を打つのは、セリフを覚えたりするなど準備期間が必要になりますが、見ている側の感動は大きくなり思い出に残る喜寿祝いになります

体験談のように、成功したときにはお祝いする側も「やってよかった」とうれしい気持ちになれます。

今回の僕のおじいちゃんへのサプライズ喜寿祝いは、なかなか準備も大変で、家庭によっては離れて暮らしているなどの理由で実現しにくいかもしれません。ここでお伝えしたいことは、喜寿祝いの内容は、家庭によって異なっても良いということ。

何が喜ばれるのか、それは喜寿を迎えるかたそれぞれの個性にかかっています。喜寿祝いの場所選びやプレゼント選び、またその方法は、何よりも喜寿を迎える方のことを考えて計画することが大切です。

喜寿祝いのサプライズを当日成功させるには喜寿の方にばれないように準備する必要があり、家族が秘密を貫くことや準備する姿を見られないことが重要です。喜寿祝いのサプライズ成功に向けて家族で協力しましょう。

アイドル好きなおじいちゃんに・・・喜寿祝いのサプライズ