喜寿ギフトのマナーとおすすめ

最終更新日:2018/01/25
喜寿祝いのマナー

喜寿祝いのマナー

61歳の還暦や70歳の古希、88歳の米寿など日本では年長者を敬う文化が根強く、長寿祝い・年祝いはいくつも存在します。その中でも七十七歳もひとつのポイントとなっており、喜の字の祝いとしておじいちゃん、おばあちゃんの喜寿となります

喜寿という名前ですが、これは喜を草書体で書くと「㐂」となり、七が三つに見えますよね。ここから77歳のお祝いとなったと言われています。

こういう長寿のお祝いは非常に特別なものであり、子供や孫などからお祝いの品を送ってあげると喜んでもらえるので、何かしら用意しようと考える人も多いかもしれませんが、喜寿ギフトのマナーは案外知らない人もいるはずです。

相手が気にしないこともあるかもしれませんが、周囲に笑われないためにもマナーは押さえておくと良いでしょう。

喜寿祝いのテーマカラーについて

喜寿の色は紫

まず、喜寿の祝いのカラーは古希と同じく紫になります。由来には諸説ありますが、古くは位の高い者が身につける色であったとされ、無病息災を祈って贈るためのものが紫と定着したようです。

ギフトそのものが紫のものでも構いませんが、例えばラッピングの色といったものでも構いません。とにかくワンポイントでもいいので、紫の色を使ってあげるとより喜寿のお祝いらしくなりますよね。ただ、無理に合わせる必要はありません。色合いには気を使っておくと良いでしょう。

また、長寿の祝いは何度繰り返してもめでたいという意味から蝶結びの熨斗を使用し、表書きは「祝喜寿」とするのが一般的です。

喜寿に喜ばれるギフトについて

喜寿祝い専用の名入れ酒喜寿ギフトに何を贈ろうか悩むかもしれませんが、やはり古くから根強い人気のある日本酒などが良いかもしれません。名入れの大吟醸は特に人気で、ネット通販でもよく見かけるギフトとなっています

77年前の生まれた日の新聞付き名入れ酒販売先

ラッピングにも紫色を指定できるなどあるので、気になる人は調べてみるのも良いでしょう。

その他には紫色を特徴とする胡蝶蘭で、元々は幸せが飛んでくるという意味合いもあることから花を贈る人には人気が高いです。ただし、生花という問題から早めに注文しておかないと間に合わないこともあります。

基本は長寿の記念という意味合いがあるので、お酒や花も悪くないのですが、実用品より記念品が良いとされ、家族写真のアルバムや会食、旅行、ビデオレターなども喜ばれます。

家族が多い家であれば寄せ書きなども賑やかに飾ることができるので喜ばれるようです。