喜ばれる喜寿祝いのギフト選びと守るべきマナー

喜寿祝いのマナー

喜寿祝いのマナー

喜寿祝いは、77歳を迎えた方をお祝いするためのもの。多くは、子どもや孫などの家族や親族にお祝いしてもらいます。祝ってもらう側としては、子や孫からなら「何をもらってもうれしい」と感じるものですよね。ただし、喜寿祝いギフトにもマナーは存在します。お互いに気持ちよく喜寿祝いを行うためにも、プレゼントを選ぶ際には守るべきマナーを把握しておくことが大切です。

そこで、今回はおすすめの喜寿ギフトとギフトを選ぶ際のマナーについてご紹介します。

 

喜寿をお祝いする際のマナーを押さえておこう!

77歳のお祝いマナーを把握しよう

60歳の還暦や70歳の古希、88歳の米寿など日本では年長者を敬う文化が根強く、長寿祝い・年祝いはいくつも存在します。その中でも77歳の喜寿は日本発祥の特別なお祝いです。

喜寿という名前ですが、これは喜を草書体で書くと「㐂」となり、七が三つに見えますよね。ここから77歳のお祝いとなったと言われています。

こういう長寿のお祝いは非常に特別なものであり、一生に一度きりなので、ぜひ欠かさずにお祝いしたいところですね。子どもや孫などからお祝いの品を送ってあげると喜んでもらえるので、何かしら用意しようと考える人も多いかもしれませんが、喜寿ギフトのマナーは案外知らない人もいます。

相手が気にしないこともあるかもしれませんが、周囲に笑われないためにもマナーは押さえておくと良いでしょう。

 

喜寿祝いのテーマカラー

喜寿の色は紫

まず、喜寿の祝いのカラーは古希と同じく紫になります。由来には諸説ありますが、古くは位の高い者が身につける色であったとされ、無病息災を祈って贈るためのものが紫と定着したようです。

また、紫色は位の高い人しか身につけられなかったことから、喜寿を迎える方に敬意を表す色という認識もあります。

ギフトそのものが紫のものでも構いませんが、例えばラッピングの色といったものでも構いません。とにかくワンポイントでもいいので、紫の色を使ってあげるとより喜寿のお祝いらしくなりますよね。ただ、無理に合わせる必要はありません。色合いには気を使っておくと良いでしょう。

喜寿を迎える人によっては、この紫のテーマカラーをあまり喜べないケースもあるようです。いつまでも若々しくいたい、歳を重ねたことを実感したくないなどと感じる人もいるため、歳を重ねることにマイナスイメージが強い方には紫色を避けた方がベターなケースもあります。

60歳の還暦で赤いちゃんちゃんこを着たくないという意見はよく耳にしますよね。同様に、77歳の喜寿で紫色のものを貰いたくないという人もいるんです。

もし、ギフトラッピングで熨斗をつける場合は、長寿の祝いは何度繰り返してもめでたいという意味から蝶結びの熨斗を使用します。表書きは「祝喜寿」とするのが一般的です。

 

喜寿に喜ばれるギフトについて

77歳のお祝いに喜ばれるギフト

喜寿祝いギフトのテーマカラーに触れたところで、喜寿祝いに喜ばれるおすすめのギフトについてご紹介します。

名入れのお酒

喜寿祝い専用の名入れ酒喜寿ギフトに何を贈ろうか悩むかもしれませんが、やはり古くから根強い人気のある日本酒などが良いかもしれません。名入れの大吟醸は特に人気で、ネット通販でもよく見かけるギフトとなっています

77年前の生まれた日の新聞付き名入れ酒販売先

ラッピングにも紫色を指定できるなどあるので、気になる人は調べてみるのも良いでしょう。

お酒好きの方へ!喜寿祝い、プレゼントに人気の名入れボトル!

フラワーギフト

フラワーギフトはさまざまな場面で人気の高いギフトです。喜寿に関しても、やはり定番中の定番。紫色にこだわるのなら、胡蝶蘭がおすすめです。元々は幸せが飛んでくるという意味合いもあることから花を贈る人には人気が高いです。

フラワーギフトは、そのまま飾るだけなので、誰に対しても贈りやすいギフトです。たとえば、病気やケガなどで療養中の方は、ベッドに横になっていても目に入るところに置いておき、いつでも眺めることができます。

生花を贈る場合は、早めに注文しておかないと間に合わないこともあるため注意が必要です。近年では、お手入れ不要で長持ちするプリザーブドフラワーやソープフラワー、ハーバリウムなども人気があります。

家族で贈る記念品

家族で贈る記念品

基本は長寿の記念という意味合いがあるので、お酒や花も悪くないのですが、実用品より記念品が良いと感じる方もいます。

77歳にもなると、必要なものは既に揃っている、あるいはこれ以上物を増やしたくない人もいるかもしれません。

記念品なら、新たな思い出を残すことができるため、多くの方に喜ばれます。家族写真のアルバムやビデオレターなどを検討してみてはいかがでしょうか。家族が多い家であれば寄せ書きなども賑やかに飾ることができるので特におすすめです。

会食や旅行といった、非日常を体験できる機会を設けるという方法もあります。おしゃれをして、おいしいものをみんなで食べに行ったり、無理のない範囲で旅行に行くことは、とても高い満足度が得られる方法。

高齢になると、どうしても活動範囲が狭くなりがちです。本当は出掛けることが大好き、という方へのお祝いは、自宅から離れた特別な空間で行ってみてはいかがでしょうか。もちろん、出掛けることが難しい方には、ちょっと豪華な料理を用意して自宅でパーティーを開いても良いですね。

 

喜寿祝いギフトを選ぶ際のマナー・注意点

77歳のお祝いギフトを選ぶ際の注意点・マナー

喜寿祝いギフトを選ぶ際のマナー・注意点としては、まず長寿をお祝いするイベントとはいえ「老い」を連想させるようなアイテムは避けることです。

これからも若々しく元気でいてほしいという気持ちを伝えるのであれば、少々明るめの色合いのファッション小物や花束を選ぶのがおすすめ。くれぐれも首が落ちるをイメージさせる椿の花は避けましょう。

老眼鏡、杖、補聴器など、老いを感じるアイテムは本人が欲しいと言わない限りは避けた方が良いです。

また、櫛(くし)や故人の顔にかける白い布を連想させる白い無地のハンカチなど、「死」「苦」を連想させるアイテムも喜寿祝いにはふさわしくありませんので注意しましょう。

これらのアイテムを避けて、喜寿の方に楽しく使ってもらえそうなもの、相手が前向きになれるようなものを中心に選んでみましょう。

喜寿祝いってなに?ふさわしいギフトと押さえておくべきマナーの基本