喜寿の母親に贈るプレゼント!選ばれている人気のアイテムをご紹介!

喜寿の母へのプレゼント

喜寿の母へのプレゼント

大切なお母さんが無事に喜寿を迎えるというのは大変めでたいことですね。そんな大切な人生の節目には、家族全員が協力して気持ちのこもった喜寿祝いをしたいでものです。喜寿のお祝いの場では、お母さんのことを考えて選んだプレゼントを用意しておくとより気持ちが伝わり、うれしく思ってもらえます。

でも、毎年母の日や誕生日に贈るプレゼントと、喜寿のお祝い用のプレゼントとは何が違うのか悩んでしまう人も多いでしょう。

今回は、喜寿の母に贈るプレゼントの選び方や、選ばれている人気のアイテムをご紹介します。

 

喜寿の母に何を贈る?

77歳の母に何を贈る?

日本には様々な長寿祝いが存在します。還暦、古希、傘寿、米寿‥。まだまだたくさんあります。喜寿は、そんな長寿祝いのひとつで、数え年の77歳のお祝いのことをいいます。

特に40代、50代の方の中には母親が喜寿を迎えるという方も多いでしょう。毎年訪れる母の日や誕生日などの記念日とは違って、喜寿は一生に一度しか訪れません。となれば、何か特別な物をプレゼントしたいところです。

そう思っても、家族や親せき・友人の中でも、初めて喜寿を迎えた方をお祝いする場合、どのようなものが喜ばれるのかよくわかりませんよね。60歳で還暦のお祝いをされた場合、そのしきたりに習ってまた「ちゃんちゃんこ」がいいんじゃないか。と考える方もいらっしゃるようです。

現代の喜寿の捉え方

喜寿をお祝いする習慣が世の中に広まったのは、江戸時代頃と言われています。当初は、平均寿命が短く、77歳を迎えることは今よりもはるかに難しい時代でした。しかし、今は人生80年、100年とも言われる時代です。時代の流れとともに、喜寿のお祝いはこれからの人生の無病息災を祈るといった意味合いが主となってきています。

昔ならば、紫色のちゃんちゃんこなどでもよかったかもしれませんが、今の77歳はすごく若いですよね。アグレッシブに人生を楽しんでいて、髪型やファッション・メイクにも気を遣い、いつまでも「女性」であり続けている方が増えています

ですから、老いを感じさせるアイテムは、あまり喜ばれない可能性もあります。ちゃんちゃんこや老眼鏡などは、人によってはネガティブな印象を持つかもしれないことを知っておきましょう。

そういう傾向がわかっているので、渡すプレゼントも「ちゃんちゃんこ」などではなく、その方に見合った品物にしたいところです。

 

喜寿の母親に贈るプレゼントの選び方

77歳の母に贈るプレゼントの選び方

喜寿を迎えるお母さんへプレゼントを贈る際、喜ばれるアイテムの傾向を把握しておくとプレゼント選びの参考になります。そこで、ここでは喜寿の母に贈るプレゼントの選び方をご紹介します。

定番のプレゼントは敢えて外す

喜寿の母へ宝石の贈り物

喜寿のプレゼントを贈る場合、定番は考えずに「自分の母親は何を贈られると喜んでくれるのだろうか」というのを最優先に考えてみましょう。あまりに定番すぎる物をプレゼントすると、年寄り扱いされていると思われてしまいます。

歳を重ねてもピンピン元気に過ごされている方にとって、「年寄り扱いされる」というのは全くいい気がしません。よって人によっては紫色の物もなるべく避けた方がいいかもしれません。

オシャレを楽しめるもの

宝石などの光り物は、年を重ねてからつけることで最も効果を発揮します。ですので着飾ることが好き、もしくは嫌いではない相手には宝石を送るというのもいいかもしれません。

また、宝石のほか洋服やスカーフなどオシャレを楽しめるアイテムを贈るのもおすすめ。いつまでも若々しく過ごしたいと思っている女性は多いので、身につけやすい色味やデザインのファッション小物は大変喜ばれます。

喜寿の女性に相応しいファッション小物は、たくさんあります。洋服やスカーフ、アクセサリーだけでなく、ブローチや手袋、化粧筆なども良いのではないでしょうか。

「いつまでも綺麗なお母さんでいてね」など前向きなメッセージを添えてプレゼントしましょう。

これからの生活を願ったアイテム

77歳の母に贈るプレゼントの選び方

一日一日を大事にしたい、してほしいというメッセージをこっそり込めて、腕時計にしてみてもいいでしょう。この時、デザインも地味なものではなく明るいカラーや若々しいイメージの物が喜ばれるでしょう。

さらにずっと健康に過ごして欲しいという想いをこめて、万歩計をプレゼントしてもいいかもしれません。最近は万歩計も高機能であったり、ブローチのような優れたデザインの物も多くあります。

母親という特別な関係性であるからこそ、定番に頼らずこだわったプレゼントを考えたいところです。誕生日や母の日とは一味違った、特別なプレゼントを贈りましょう。

 

母の喜寿祝いに選ばれている人気のアイテム

77歳の母に贈るプレゼント

母の喜寿祝いに選ばれているアイテムとはどのようなアイテムなのか、ここでは特に人気のものをチェックしてみましょう。

花束

年齢に関係なく喜ばれる花束。紫を基調とした花でまとめても良いですし、喜寿の方の好みの色味で統一しても喜ばれます。

花には色や種類によって花言葉が存在するため、母のイメージや雰囲気に合った花言葉を持つ花を入れるのもおすすめです。生き生きとした生花も良いですが、手入れ不要で長く長持ちするプリザーブドフラワーも長寿を願うアイテムとして最適です。

手入れの負担や部屋の雰囲気、喜寿の方の好みに応じてフラワーギフトを選んでみましょう。

喜寿祝いにプレゼントすべき花はどれ?気になる花言葉と価格を中心に紹介!

名入れギフト

名入れギフトは近年人気が高く、お茶碗やお箸、コップやタンブラー、フォトフレーム、置時計といった様々なアイテムに名入れすることが可能です。

商品にもよりますが、メッセージには名前の他にも「祝喜寿」「いつまでも元気で」などオリジナルメッセージを入れることができるお店も多く、気持ちを伝えるのにぴったり

そのほか、お酒やどら焼きなどのお菓子といった消費するものにも名入れできるサービスもありますので、場の雰囲気を盛り上げる贈り物として検討してみましょう。

また、部屋に飾って楽しめる似顔絵や名前詩といった贈り物も喜寿祝いに人気。心温まる似顔絵やイラストと、長寿をお祝いするメッセージで仕上げてもらうことができ、喜寿祝いの記念品として喜ばれます。

喜寿のお祝いは、その日が特別な思い出になるような楽しい雰囲気も大切です。家族そろってお祝いするのであれば、みんなでおいしい食事を食べたり旅行にでかけたりするのもおすすめ。日頃の感謝や労いの気持ち、これからの元気な生活を送って欲しいという願いをしっかり伝えることが何より大切です。

お酒好きの方へ!喜寿祝い、プレゼントに人気の名入れボトル!