喜寿の母親に贈るプレゼント

最終更新日:2018/01/24
喜寿の母へのプレゼント

喜寿の母へのプレゼント

日本には様々な長寿祝いが存在しますが、その中でも喜寿は七十七歳の祝いのことをいいます。四十代、五十代の方の中には母親が喜寿を迎えるという方も多いでしょう。毎年訪れる母の日や誕生日などの記念日とは違って、喜寿は一生に一度しか訪れません。となれば、何か特別な物をプレゼントしたいところです

そう思っても、家族や親せき・友人の中でも「初めて喜寿を迎えた方をお祝いする」場合、どのようなものが喜ばれるのかよくわかりませんよね。60歳で還暦のお祝いをされた場合、そのしきたりに習ってまた「ちゃんちゃんこ」がいいんじゃないか。と考える方もいらっしゃるようです。

昔ならば、紫色のちゃんちゃんこなどでもよかったかもしれませんが、今の七十七歳はすごく若いですよね。アグレッシブに人生を楽しんでいて、髪型やファッション・メイクにも気を遣い、いつまでも「女性」であり続けている方が増えています。

そういう傾向がわかっているので、渡すプレゼントも「ちゃんちゃんこ」などではなく、その方に見合った品物にしたいところです。

定番のプレゼントは敢えて外す

喜寿の母へ宝石の贈り物

ですので、喜寿のプレゼントを贈る場合、定番は考えずに「自分の母親は何を贈られると喜んでくれるのだろうか」というのを最優先に考えてみましょう。あまりに定番すぎる物をプレゼントすると、年寄り扱いされていると思われてしまいます。

歳を重ねてもピンピン元気に過ごされている方にとって、「年寄り扱いされる」というのは全くいい気がしません。よって人によっては紫色の物もなるべく避けた方がいいかもしれません。

宝石などの光り物は、年を重ねてからつけることで最も効果を発揮します。ですので着飾ることが好き、もしくは嫌いではない相手には宝石を送るというのもいいかもしれません。

または一日一日を大事にしたい、してほしいというメッセージをこっそり込めて、腕時計にしてみてもいいでしょう。この時、デザインも地味なものではなく明るいカラーや若々しいイメージの物が喜ばれるでしょう。

さらにずっと健康に過ごして欲しいという想いをこめて、万歩計をプレゼントしてもいいかもしれません。最近は万歩計も高機能であったり、ブローチのような優れたデザインの物も多くあります。

母親という特別な関係性であるからこそ、定番に頼らずこだわったプレゼントを考えたいところです。誕生日や母の日とは一味違った、特別なプレゼントを贈りましょう。