喜寿のお祝いプレゼントとは?

最終更新日:2018/01/24
喜寿のお祝いとプレゼント

喜寿のお祝いとプレゼント

喜寿とは、数え歳で77歳のことを言います。現代では元気に過ごしている77歳の方はたくさんいますが、昔は77歳まで生きることはなかなか大変なことだったのです。

というのも、喜寿など長寿祝いが広まった江戸時代をクローズアップしてみると、この時代の庶民の平均寿命はなんと30歳~40歳だと言われています。この頃はもちろん医療も発達しておらず、子供の死亡率も高かったことが原因のようです。ちなみに15代続いた徳川歴代将軍でさえも、平均寿命は51才だったとか。

そういう当時の環境もあり、77歳を迎えた方を家族や親せき、友人がお祝いしていた名残が今でも続いているというわけです。

さて喜寿についてですが、喜寿の基本的な色は紫で、この色にもちゃんとした意味があります。昔、紫は最上位の位の人しか身に着けることが許されない色だったのです。それが今でも敬意を表す色として喜寿で使われているのです。また、紫は感性を研ぎ澄ます色ともいわれているので、いつまでも若々しくいてくださいという意味も込めているのです。

喜寿を迎えたおじいちゃん、おばあちゃんは、子や孫、親せきに囲まれてお祝いすることが多いです。その時に贈るお祝いの品物は、その方が喜ぶものが一番です。

喜寿のプレゼントに紫の花を添える

お酒が好きなおじいちゃんなら、ちょっと奮発したお酒、おしゃれなおじいちゃんなら帽子、洋服、バックなどが、すぐに飲めるもの、使えるものとして喜ばれます。紫色にこだわるのなら、添える花束を紫にしたり、ラッピングを紫にするのも良い方法です。

女性への贈り物なら、やはりおしゃれに関係するものが喜ばれます。淡い紫のカーディガン、紫の花がプリントされているカットソー、紫色のバック、紫の石がついたアクセサリーなど、紫にこだわっても選ぶものはたくさんあります。

喜寿のお祝いメッセージ

そして男女とも共通して喜ばれるのは、みんなからのメッセージボートや旅行券、おいしい食べ物などです。おじいちゃん、おばあちゃんを一緒にお祝いするのなら、夫婦茶碗や湯飲みなどの食器類も素敵です。

おじいちゃん、おばあちゃんのおかげで今の自分たちがある、いつも愛情をたくさん注いでくれることへの感謝の気持ちをお祝い品として表すいい機会です。いつまでも元気で長生きしてねという気持ちのこもった贈り物は、励みになります。

そして何よりも子や孫たち身内がみんな仲良く、一生懸命生きている姿を見せることが願いであり、元気のもとになるのです。