喜寿のお婆ちゃんは近所の人気者

最終更新日:2018/01/25

77歳の同級会

大好きなやさしいお婆ちゃんも77歳の喜寿を迎え、家族はもちろん、ご近所さんもお祝いしてくれました

お婆ちゃんはいつも私の話を聞くときは、うれしそうににこにこしながら、まるでぽたぽた焼きのお婆ちゃんの様な表情を浮かべてくれます。私の話にしっかり耳を傾けてくれて、うんうんと頷いてくれるのです。それだけで私の心はいつも晴れやかで心地よい気持ちになるのです。

そんなやさしいお婆ちゃんだからこそ、家族はもちろん、ご近所さんもお婆ちゃんのことが大好きで、何かと声をかけてくれます。

「お婆ちゃん、今日もいい天気だね。」とか「お婆ちゃん、今日はどこか出かけるの?」「お婆ちゃん、体調はどう?」「お婆ちゃん、今日は寒くなりそうだからかぜひかないようにね。」といった具合に、お婆ちゃんと会った人はみんな何か話しかけずにはいられない不思議なオーラがあるのです。

おばあちゃんが入院

そんなお婆ちゃんが、昨年転んで腰を強く打ち、入院することになってしまいました。家族はもちろん、ご近所さんも心配してみんながお見舞いに駆けつけてくれました。

そんな大変な状況でもお婆ちゃんはにこにこしながら「大丈夫だから、心配しないで。それより調子はどうなの。」と自分より見舞客を心配するほどで、帰るときには、お見舞いに訪れた人がお婆ちゃんに励まされ帰って行くというパターンが当たり前になっていました。

いつもみんなの太陽のように周りの人たちを温かい気持ちにしてくれるお婆ちゃん。今年もそのお婆ちゃんが誕生日を迎えられたことを、みんなすごくうれしく思っています。いつまでもお婆ちゃんが元気で、そして健康でいられるように、私たちがお婆ちゃんに元気の素をわけてあげなければなりません。

ラジオ体操をするおばあちゃん

それでも、やっぱり我が家の元気の源はお婆ちゃんなんです。毎朝欠かさずラジオ体操をしているお婆ちゃんを見ていると私もうれしくなってきます。「もうかれこれ30年も続けているんだよ。婆ちゃんも100歳までがんばってラジオ体操を続けるからね。」と言っています。これは嘘ではなく、本当に100歳までは長生きしてくれそうです。

いえ、100歳と言わずもっともっと長生きして、世界一長寿のお婆ちゃんになってほしいなあと、元気な姿を見ているとそう思わずにいられません。お婆ちゃん、いつまでもいつまでも元気で長生きしてね。優しいお婆ちゃんがみんなみんな大好きだよ。

いつも本当にありがとうお爺ちゃんお婆ちゃん。