【喜寿祝い体験談】喜寿のお婆ちゃんは近所の人気者!

77歳の同級会

もうすぐ大好きなお婆ちゃんが77歳の喜寿を迎えられるという方もいらっしゃるのでは。喜寿のお祝いは、その方の好みや状態に合った方法で行うことが何より大事です。

場所、方法など、どんな喜寿祝いにするのかは、それぞれ個性があって当然。長寿をお祝いするとともに日頃の感謝の気持ちを込めて、お婆ちゃんの喜寿祝いをしましょう。

しかし、実際は喜寿のお祝いはその人にとって一生に一度きりのもの。みなさんがどんな喜寿祝いを行っているのか、気になりますよね。今回は、喜寿を迎えるおばあちゃんの体験談を交え、お祝い方法などをご紹介します。

 

一般的な喜寿祝いの方法

おばあちゃんの77歳のお祝いはどうする?

喜寿祝いは、一般的には孫を含めて家族で集まって食事会をしたり、プレゼントを渡したりして行います

喜寿祝いの場所選び

お祝いの場所については、喜寿をお祝いする方の体調や招待する人数、予算などに応じて決めていきます。自宅にするか、レストランなどの外食にするか、はたまた旅行などに出掛けるか検討しましょう。ご近所さんや知人の方を招待する場合には、ご自宅でのお祝いの方がみなさん気軽に集まりやすくなります。

自宅で喜寿祝いを行う場合には、ホームパーティーのような形で部屋を飾りつけしたり、喜寿を祝う方の好きな料理を中心に準備したりすると、華やかなお祝いになります。家族が揃う機会なので、記念撮影をするのも思い出に残ります

喜寿祝いのプレゼント選び

そして、肝心のプレゼントについて。子どもからや孫からのプレゼントというのはうれしいものですが、特に喜んでもらえるのはお孫さんからの贈り物です。例えば、おじいちゃんやおばあちゃんのことを思って描いた似顔絵やメッセージボード、手紙といったプレゼントは喜ばれます。

そのほか、紫色のファッションアイテムやフラワーギフト、健康グッズ、お茶碗や湯呑みなど実用的なアイテムなどもお婆ちゃんの喜寿祝いには人気です。紫色は喜寿のテーマカラーです。紫色にこだわる必要はありませんが、リボンなどのラッピングに紫色を取り入れてみても良いでしょう。

ご家族で喜寿をお祝いする際に大切なのは、お祝いしたいという気持ちです。子どもやお孫さんの顔を見ながらみんなで食事をしたり、会話をしたりなど、自分のために集まってくれて同じ時間を共有してくれるというのが何よりうれしいと感じる方は多いです。

是非、喜寿を迎える方の気持ちに寄り添ったお祝い方法を検討しましょう。

 

喜寿を迎えるお婆ちゃんのお祝い体験談

おばあちゃんの77歳のお祝い体験談

ここでは、喜寿を迎えるお婆ちゃんをお祝いした体験談についてご紹介します。

うちのお婆ちゃんはこんな人

お婆ちゃんは、いつも私の話を聞くときは、うれしそうににこにこしながら、まるでぽたぽた焼きのお婆ちゃんの様な表情を浮かべてくれます。私の話にしっかり耳を傾けてくれて、うんうんと頷いてくれるのです。それだけで私の心はいつも晴れやかで心地よい気持ちになるのです。

そんなやさしいお婆ちゃんだからこそ、家族はもちろん、ご近所さんもお婆ちゃんのことが大好きで、何かと声をかけてくれます。

「お婆ちゃん、今日もいい天気だね。」とか「お婆ちゃん、今日はどこか出かけるの?」「お婆ちゃん、体調はどう?」「お婆ちゃん、今日は寒くなりそうだからかぜひかないようにね。」といった具合に、お婆ちゃんと会った人はみんな何か話しかけずにはいられない不思議なオーラがあるのです。

入院時にはご近所さんがお見舞いに

おばあちゃんが入院

そんなお婆ちゃんが、昨年転んで腰を強く打ち、入院することになってしまいました。家族はもちろん、ご近所さんも心配してみんながお見舞いに駆けつけてくれました。

そんな大変な状況でもお婆ちゃんはにこにこしながら「大丈夫だから、心配しないで。それより調子はどうなの。」と自分より見舞客を心配するほどで、帰るときには、お見舞いに訪れた人がお婆ちゃんに励まされ帰って行くというパターンが当たり前になっていました。

いつもみんなの太陽のように周りの人たちを温かい気持ちにしてくれるお婆ちゃん。今年もそのお婆ちゃんが誕生日を迎えられたことを、みんなすごくうれしく思っています。いつまでもお婆ちゃんが元気で、そして健康でいられるように、私たちがお婆ちゃんに元気の素をわけてあげなければなりません

前向きで元気に生きるお婆ちゃん

ラジオ体操をするおばあちゃん

それでも、やっぱり我が家の元気の源はお婆ちゃんなんです。毎朝欠かさずラジオ体操をしているお婆ちゃんを見ていると私もうれしくなってきます。「もうかれこれ30年も続けているんだよ。婆ちゃんも100歳までがんばってラジオ体操を続けるからね。」と言っています。これは嘘ではなく、本当に100歳までは長生きしてくれそうです。

いえ、100歳と言わずもっともっと長生きして、世界一長寿のお婆ちゃんになってほしいなあと、元気な姿を見ているとそう思わずにいられません。

うちのお婆ちゃんの喜寿祝い

そんな誰からも愛される、うちのお婆ちゃんの喜寿祝いは、たくさんの人に囲まれた賑やかな食事会にしようと思いました。旅行に連れていくのも良いけど、近所の方もたくさん呼んで気軽にたくさんの人が集える食事会にしようと考えたのです。

大好きなお酒と、ちょっと豪華なオードブルを用意して、あまりかしこまった席にならないようにしました。近所の方には事前に声をかけ、気軽に寄って頂くようにお願いしました。

ふだん顔を合わせる機会が少なくなった兄弟や従兄弟も集まり、「こんなに家族みんなが揃うのは久々だね~」ととても喜んでくれたお婆ちゃん。近所の方は、少しずつお金を出しあってワインをプレゼントしてくれました。

私は、いつも頑張ってラジオ体操に参加するお婆ちゃんが、これからも続けて楽しめるように、白に薄紫色の模様が入ったジャージをプレゼント。「あらあら、それれじゃ、ラジオ体操さぼれないね」なんて冗談を言って嬉しそう。

お婆ちゃんの喜寿をお祝いするためにたくさんの人が集まり、楽しい時間はあっというまに過ぎました。そのお陰で、みんなで撮った写真はとても賑やかで、お婆ちゃんがいかに愛されているかわかります。

近所の方やお婆ちゃんの負担を考えて、お祝いは2~3時間程度でひと区切りすると決めていたので、近所の方はその時点でお帰りになりました。

お婆ちゃん、いつまでもいつまでも元気で長生きしてね。優しいお婆ちゃんがみんなみんな大好きだよ。

いつも本当にありがとうお爺ちゃんお婆ちゃん。

喜寿のお祝い体験談!元気なおばあちゃんの喜寿祝い