喜寿のお祝い体験談!元気なおばあちゃんの喜寿祝い

喜寿のお祝いにお寿司屋さん

喜寿のお祝いにお寿司屋さん

おばあちゃんが77歳の喜寿を迎える際には、「いつもありがとう、これからも元気で」といった気持ちを込めて家族みんなでお祝いすると喜ばれます。

お祝いの方法やプレゼントなどは各家庭によってさまざまですが、一番におばあちゃんの気持ちや体調を優先してお祝い方法を考えてみましょう。

今回は、おばあちゃんの喜寿祝いの方法や喜寿祝い体験談をご紹介します。

 

おばあちゃんの喜寿祝いの方法

おばあちゃんの77歳のお祝い方法

おばあちゃんの喜寿祝いの方法としては、家族や親戚などが集まって食事会を催したり、それぞれが用意したプレゼントを渡したりするのが一般的です

喜寿祝いの場所選び

喜寿をお祝いする場所については、おばあちゃんが日頃から行きたがっていたレストランや旅館などで行う、おばあちゃんが好きな料理を食べられるお店で行う、自宅で行う、といった選び方が挙げられます。場所を選ぶ際には、おばあちゃんの体調や気分を優先して、ご自宅や近場のお店を選ぶように配慮しましょう。

自宅でお祝いするメリットは、何より気兼ねがなく安心できる場所だということです。足腰が弱っていて移動が難しい、トイレが近くにあった方が良い、体調にムラがある、外出が苦手などの理由があった場合、自宅が安心です。

外出してお祝いするメリットは、非日常が味わいやすいということ。いつもとは違う景色を見るだけでも嬉しいと感じる高齢者は多いです。おいしい料理を食べたり、温泉につかったり、観光したりなど、自宅では経験できないことを楽しめます。

喜寿祝いのプレゼント選び

そして、喜寿祝いのプレゼントは、子どもからのプレゼントもうれしいものですが、メッセージボードや似顔絵などのお孫さんからのプレゼントは特に喜んでもらえます。お孫さんが経済的に自立している場合には、洋服やファッションアイテム、湯呑みどの実用的なアイテムといったように選択の幅も広がります。

楽しんでいる趣味があれば、その道具もおすすめ。特に希望がない場合は、喜寿の記念に残るものを検討してみてはいかがでしょうか。例えば、寄せ書きやビデオレター、みんなで撮影した写真を入れる写真たてなど、いつでも喜寿の記念日を思い出せるアイテムがおすすめです。

おばあちゃんの喜寿祝いでは、「大切に思っている」「お祝いしたい」という気持ちが何より大切です。家族みんなで食事をしたり、何気ない会話を楽しんだりするだけでもうれしく感じてもらえます。

おばあちゃんと過ごす時間を大切にできる方法で喜寿をお祝いしましょう。

 

おばあちゃんの喜寿祝い体験談

おばあちゃんの77歳のお祝い体験談

ここからは、おばあちゃんの喜寿祝いをした体験談をご紹介します。

手作りの和菓子屋さんを営むおばあちゃん

おばあちゃんの和菓子屋私のお婆ちゃんは商店街で和菓子さんを営んでいます。私のおじいちゃんが開業し始めた和菓子屋さんですが、一つ一つ手作りの和菓子は評判も良く地域に愛されています。そのお店は私の父も後継ぎとして働いていましたが5年前に祖父が亡くなり経営が大変な時期がありました。

一時は店を閉めることも考えましたが、祖父と頑張ってきたお店なので、もう少し続けてみようということになりました。和菓子の味を以前と変わらないようにするには祖母の力が必要でした。

今の時代、和菓子も機械に任せて大量生産していくのが当たり前になりました。しかし祖母は、自分の手で少量ずつしか作れませんが、味にこだわって全て手作りしました

おばあちゃんの好きな食事で喜寿祝いを計画

お店の経営を学ぶ

もともと大学から地元を離れてずっと遠方にいた私ですが、そんな実家の状況を知り、ついに戻ることを決意しました。少しでもお婆ちゃんの役に立てればと思ったからです。私も祖母に習い店のことを一から教えてもらい、経営の方も勉強するようになりました

小さい頃から父や祖父の仕事を見ていた私ですが、大学を出てからは事務の仕事をしていましたので、知識はほぼ0でしたが、家族はもちろん、ご近所さんも協力があって、お店も何とか軌道に乗りはじめました。

そんなお店を仕切るおばあちゃんももう77才です。現役で頑張ってくれる、やさしいお婆ちゃんも喜寿を迎え、お祝いをしようと考えました。家族はもちろん、ご近所さんも声をかけ盛大に行いたいと思いました。みんなでいろいろと話し合った結果、場所は商店街のお寿司屋さんで行うこととなり、食事についてはお婆ちゃんの好きなお刺身をメインにすることにしました。

当日は家族やご近所さんが集まって喜寿祝い

刺身

当日は広い和室で宴会のような時間が過ぎていきました。信念の強い祖母は言葉数は少ないけれど優しく見守り、ぽたぽた焼きのお婆ちゃんの様な笑顔でその場を和ませていました。

地元ならではの、昔からの顔見知りがたくさん集まったということもあり、リラックスして過ごせた時間になったようです。私からは手紙とカーディガンのプレゼント、両親からは電動マッサージ機のプレゼント。

高価なプレゼントはできなかったけど家族はもちろん、ご近所さんも、お婆ちゃんのことは大好きだし、その大切な気持ちが伝えられた素敵な喜寿のお祝いになったんじゃないかと思っています。

参加してもらえた近所の方や昔からの知人に囲まれて、その日の主役であるおばあちゃんはいつもに増して元気な姿に見えました。77歳という年齢で、こんなにもたくさんの人にお祝いしてもらえるおばあちゃんを、誇らしくも感じました。

そんな感じで過ぎた我が家の喜寿祝い、時間は本当にあっというまに過ぎていき、喜寿祝いの会が終わって家に着いた後のおばあちゃんの顔はまだまだ満足げだったことを覚えています。

喜寿祝いにはたくさんの選択肢があるけれど、今回はこのような形を選んで本当に良かったと感じた瞬間でした。お誕生日は毎年やってくるけれど、喜寿のお祝いは一生に一度のできごとです。うちのおばあちゃんに合う方法が選べたことが、みんなが満足する結果につながったのではないでしょうか

お婆ちゃんには、まだまだ仕事をたくさん教えてほしいし、一緒に頑張りたいので、これからもご指導よろしくお願いします。

【体験談】家族で祝うおばあちゃんの喜寿祝い