【体験談】たくさんの人に囲まれたおばあちゃんの喜寿祝い

おばあちゃんの喜寿祝い

おばあちゃんの喜寿祝い77歳になると喜寿を迎えます。若さを感じさせる77歳の方でも、喜寿を迎えるということは感慨深いものであり、人生を振り返る大切な節目でもあるので、家族みんなが揃ってお祝いしましょう。

喜寿のお祝い方法は、家庭により様々です。場所や方法、人数などは、本人が喜ぶかどうかに重きをおいて検討すると決めやすくなります。

でも、やはり人生に一度きりの喜寿のお祝いですから、「どうやってお祝いすると良いのか」と悩むかもしれませんね。そんなときは、実際にお祝いした人の体験談を参考にするとイメージが膨らみやすくなります。

今回は、家族でお祝いするおばあちゃんの喜寿祝い体験談をご紹介します。

 

家族でお祝い!おばあちゃんの喜寿祝い体験談

家族でおばあちゃんの77歳をお祝いした体験談

ここからは、おばあちゃんの喜寿を家族でお祝いした体験談をご紹介します。

ご近所さんに親しまれるおばあちゃん

近所付き合い

まずは、私のおばあちゃんの紹介を少ししますね。おばあちゃんは、人付き合いが得意な人で、とても家族から愛されています。

家族はもちろん、ご近所さんもお婆ちゃんと話をするためによく訪れます。「お婆ちゃん、今日は天気がいいね」「お婆ちゃん、これおすそわけするから食べてください」と、毎日お婆ちゃんのお家には自然と人が集まります。

そんなお婆ちゃんが、今度77歳となり喜寿を迎えることになったので、みんなでお祝いをしようということになりました

家族やご近所さんと協力して喜寿祝いの準備

ぽたぽた焼きのお婆ちゃんの様なやさしいお婆ちゃんも喜寿を迎えましたが、今でもとても元気です。そんなお婆ちゃんに喜んでもらいたいということで、ごちそうやケーキ、プレゼントを用意することにしました

いつも人が集まる我が家だからこそ、喜寿のお祝いも家族だけで行わずに近所の方と一緒にしていこうと決めました。そのため、お祝いの場所はどこかのお店に出掛けるのではなく、ご近所さんも気軽に寄ることができる自宅に決定。

家族はもちろん、ご近所さんも喜寿を迎えることを喜んでくれて、積極的にいろいろと協力してくれたのが私の中でとても嬉しかったです。

パーティーをするときにごちそうに使う野菜は近所の方が作っている野菜をわけてくれて、ケーキは近所にあるケーキ屋さんで似顔絵のイラストを描いてもらえました。お婆ちゃんそっくりの似顔絵には子供たちのほうが大喜びで、ケーキをあけるのがますます楽しみになっていました。

プレゼントは家族で相談しながら選んだのですが、当日お婆ちゃんに渡したときにわかったことがあります。お婆ちゃんの好きなものをみんな無意識に打ち合わせなく、バラバラに選んでいたのです。

びっくりすることに、誰一人として同じものを選ばず品物がかぶったりしなかったのでよかったのですが、家族だからか、誰が何をプレゼントするのか、などを想像して選んでいたということです。

喜寿祝い当日は大盛り上がり

おばあちゃんに喜寿のプレゼント

お婆ちゃんの喜寿のパーティーは家族はもちろん、ご近所さんもお祝いしてくれて、お婆ちゃんが嬉しそうに笑っている姿が印象的でした。可愛い孫たちからの似顔絵を受け取ったときは、大きな声をあげて喜んでいたので、お婆ちゃんの中で一番うれしいプレゼントだったのではないでしょうか

ぽたぽた焼きのお婆ちゃんの様なお婆ちゃんが、顔をくしゃくしゃにして喜んでくれている姿に少し涙が出てしまったほど、喜寿のパーティーは大盛り上がりでした。お爺ちゃんも孫と一緒に歌を歌ったり、大騒ぎでした。

家族や親戚一同が集まる機会はなかなかないため、おばあちゃんはとても満足げ。そして、ご近所さんもいつもと何も変わらない身なりで気軽に立ち寄ってくれたので、自宅にして良かったと実感しました。

お婆ちゃんはみんなからもらったプレゼントをすごく大事にしていて、毎日愛用していたり、見えるところにいつも飾っていたりします。実家に帰るたびに孫たちと一緒に似顔絵を見たりしていますが、いつも一緒に遊んだりしてくれるやさしいお婆ちゃんは、家族全員どころかご近所さんにも人気ものです。

 

家族でおばあちゃんの喜寿祝いをするために大切なこと

家族でおばあちゃんの77歳をお祝いするために大切なこと

ご近所さんを含め、家族でおばあちゃんの喜寿祝いをした体験談をご紹介しましたが、喜寿祝いのイメージは膨らみましたか?

家族で話し合ってプレゼント選びをしたり、喜んでほしいという気持ちを込めて準備をしたりことがおばあちゃんに喜んでもらうためのポイント。

喜寿祝いの場所や方法は、それぞれの家庭の特徴が出て良いと思います。何より大切なのは、おばあちゃんが喜んでくれる方法を選ぶことです。

家族で過ごす時間が何よりうれしいプレゼントになるという方も多いので、早めに家族が集まりやすい日取りを確保しておきましょう。ご近所さんともお付き合いがある場合には、ご近所さんにもおばあちゃんの喜寿のお祝いをすることを伝えましょう。

77歳といえば、まだまだ活発で元気な方も多い反面、体力が低下していたり疲れやすかったりする可能性もあります。お出掛けして喜寿祝いをする際には、主役となる方のことを第一に考え、移動面での負担はないかなどもしっかりと考慮されることをおすすめします。

多くの人にお祝いされる喜寿祝いはきっとおばあちゃんにとって忘れられない一日になります。おばあちゃんの素敵な笑顔を想像しながら、お祝いの方法やプレゼントを考えましょう。

【喜寿祝い体験談】喜寿のお婆ちゃんは近所の人気者!