長寿のお祝いに送りたいプレゼント

最終更新日:2018/01/24
喜寿のプレゼント

 

喜寿のプレゼント

「長寿のお祝い」については、年齢の節目を迎えるタイミングであったり、縁起物を参考にするとプレゼントが選びやすくなります。61歳の還暦以降は、70歳の古希から100歳の百寿まで、少なくても8回の長寿のお祝いがあります。

平均寿命の80歳までを除いたとしても、4回はプレゼントを用意する必要がありますから、情報を参考にショッピングの品物選びを考えることがおすすめです。古希や喜寿には、紫という共通色があるので、これをきっかけにプレゼントを絞り込むことがポイントになります。

紫色の花を含む花束

喜寿祝いに贈るプレゼント

花に心得がある場合は、最寄りのお店でショッピングを行い、複数の種類を組み合わせると贈り物が完成します。選ぶ花は同系統で、米寿なら茶色や金色、白寿以降は白系統が選ぶ際のヒントになります。種類の選び方に自信がなく、長寿のお祝いが中々決まらない時は、インターネットショッピングが新たな選択肢となるでしょう。

プロの手によるフラワーアレンジメントは、こちらから指定出来る自由度は少ないものの、選び方や組み合わせが任せられる利点があります。長寿のお祝いと申し付け、注文時にプレゼント用と告げれば、ネットでも満足のショッピングが実現します。

縁起物のそばやうどん

喜寿祝いに縁起物のうどん

一方で、花の贈り物に飽きたり、良いプレゼントが思い浮かばない場合は、花以外の贈り物が選択肢に加わります。太くて長く、かつ切れにくい物は縁起物ですから、コシのある麺類が長寿のお祝いに結び付きます

そばやうどんは、消化が良く高齢者にも向いているので、高級な手打ち麺が思い出のプレゼントになる商品の一つです。ネットを始めとして、身近なショッピングモールで開催される物産展も、長寿のお祝いが買える機会となり得ます。

喜寿祝いの思い出を形に

花や食べ物に興味がなく、何も欲しいと言わない相手には、思い出が形になるプレゼントが、喜ばれる贈り物に変わります。お揃いの食器や上着は、持っているだけで家族との繋がりが感じられたり、使うことで長寿のお祝いを思い出す切っ掛けとなります。

これらは全て、ショッピングモールで買い求めたり、インターネットショッピングで選ぶことが可能です。インターネットで調べてみると、実に様々なプレゼントやショップが存在しますし、種類豊富なだけにスペシャルなプレゼントを贈りたい方にどんぴしゃの品物が見つかるかもしれません。

またその品物に思い出の写真やメッセージを付け加えれば、お祝いの気持ちが十分に篭り、贈る相手に対して心から伝わるでしょう。