喜寿祝い、プレゼントに人気の名入れボトル

喜寿祝いに特別なお酒

喜寿とは、数え年で77歳のお祝いを言いますが、日本には年齢に応じ「長寿祝い」がいろいろと存在します。喜寿の他にも、満60歳の還暦、70歳の古希、80歳の傘寿などなど・・。

長生きした人にはこれからももっと元気に長生きしてほしいという願いを込めて、いろいろな長寿祝いがあるのですね。

そして、それぞれの祝い事にはメインカラーが存在し、お祝いの仕方も違ったりします。

しかも、年齢が異なるとプレゼントの内容もその年齢の方に相応しいものを選ぶ必要があり、いろいろと配慮が必要なことがあります。

ちなみに喜寿のメインカラーは紫。聖徳太子が定めた冠位十二階で最上位の色だったのがこの紫。なので、昔からこの色は高貴な色として認知されていたんですよ。

さて話がそれましたが、七十七歳のお祝いである喜寿では、何か贈り物をしたいものです。喜寿祝いのプレゼントには様々な種類がありますが、贈る相手がお酒好きの場合にはお酒を贈ると喜ばれるでしょう

しかし相手はおよそ五十年程もお酒を嗜んできたお人です。ほぼ間違いなく自分にとってのナンバーワンのお酒は決まっています。下手なお酒を贈っても渋い顔をされてしまうでしょう。かといっていつも飲んでいるお酒を渡したところで、喜寿の特別感は出てきません。

そのような方にオススメなのが、名入れボトルです。 名入れボトルとは、贈る相手の名前が入ったボトルのことです。つまり贈る相手が好きなお酒を、世界にひとつだけの特別なボトルとして贈ることができるのです。

こうすることによって、相手が好きなお酒を、喜寿の特別感を出して贈ることができます。間違いなく喜ばれることでしょう。入れて欲しい名前や文章などを書いて申し込むことで作ってもらえます。

喜寿のお祝い販売店はこちら喜寿祝い専用の名入れ酒

当然値段は普通のお酒よりも高くなってしまいますが、喜寿の祝いとしては妥当な値段でしょう。最初にお伝えした通り、喜寿のテーマカラーは紫。この紫色のボトルが多く、日本酒や焼酎の雰囲気と合って高級感があります

お酒好きの人の喜寿祝いとして人気の名入れボトル。喜寿祝いのメインとなることは間違いありません。終わった後のボトルは飾って楽しむことができるので、その場だけのものには終わりません。

最近は、ラベルも好きな通り、自由自在に名入れできるようですし、なんと記念日新聞までつけてくれるお店もあります。

贈る相手が酒好きであるのならば、ギフトの第一候補として検討してみてはいかがでしょうか。

喜寿祝いに特別なお酒

喜寿の母親に贈るプレゼント

喜寿の母へのプレゼント

喜寿の母へのプレゼント

日本には様々な長寿祝いが存在しますが、その中でも喜寿は七十七歳の祝いのことをいいます。四十代、五十代の方の中には母親が喜寿を迎えるという方も多いでしょう。毎年訪れる母の日や誕生日などの記念日とは違って、喜寿は一生に一度しか訪れません。となれば、何か特別な物をプレゼントしたいところです

そう思っても、家族や親せき・友人の中でも「初めて喜寿を迎えた方をお祝いする」場合、どのようなものが喜ばれるのかよくわかりませんよね。60歳で還暦のお祝いをされた場合、そのしきたりに習ってまた「ちゃんちゃんこ」がいいんじゃないか。と考える方もいらっしゃるようです。

昔ならば、紫色のちゃんちゃんこなどでもよかったかもしれませんが、今の七十七歳はすごく若いですよね。アグレッシブに人生を楽しんでいて、髪型やファッション・メイクにも気を遣い、いつまでも「女性」であり続けている方が増えています。

そういう傾向がわかっているので、渡すプレゼントも「ちゃんちゃんこ」などではなく、その方に見合った品物にしたいところです。

定番のプレゼントは敢えて外す

喜寿の母へ宝石の贈り物

ですので、喜寿のプレゼントを贈る場合、定番は考えずに「自分の母親は何を贈られると喜んでくれるのだろうか」というのを最優先に考えてみましょう。あまりに定番すぎる物をプレゼントすると、年寄り扱いされていると思われてしまいます。

歳を重ねてもピンピン元気に過ごされている方にとって、「年寄り扱いされる」というのは全くいい気がしません。よって人によっては紫色の物もなるべく避けた方がいいかもしれません。

宝石などの光り物は、年を重ねてからつけることで最も効果を発揮します。ですので着飾ることが好き、もしくは嫌いではない相手には宝石を送るというのもいいかもしれません。

または一日一日を大事にしたい、してほしいというメッセージをこっそり込めて、腕時計にしてみてもいいでしょう。この時、デザインも地味なものではなく明るいカラーや若々しいイメージの物が喜ばれるでしょう。

さらにずっと健康に過ごして欲しいという想いをこめて、万歩計をプレゼントしてもいいかもしれません。最近は万歩計も高機能であったり、ブローチのような優れたデザインの物も多くあります。

母親という特別な関係性であるからこそ、定番に頼らずこだわったプレゼントを考えたいところです。誕生日や母の日とは一味違った、特別なプレゼントを贈りましょう。

長寿のお祝いに送りたいプレゼント

喜寿のプレゼント

 

喜寿のプレゼント

「長寿のお祝い」については、年齢の節目を迎えるタイミングであったり、縁起物を参考にするとプレゼントが選びやすくなります。61歳の還暦以降は、70歳の古希から100歳の百寿まで、少なくても8回の長寿のお祝いがあります。

平均寿命の80歳までを除いたとしても、4回はプレゼントを用意する必要がありますから、情報を参考にショッピングの品物選びを考えることがおすすめです。古希や喜寿には、紫という共通色があるので、これをきっかけにプレゼントを絞り込むことがポイントになります。

紫色の花を含む花束

喜寿祝いに贈るプレゼント

花に心得がある場合は、最寄りのお店でショッピングを行い、複数の種類を組み合わせると贈り物が完成します。選ぶ花は同系統で、米寿なら茶色や金色、白寿以降は白系統が選ぶ際のヒントになります。種類の選び方に自信がなく、長寿のお祝いが中々決まらない時は、インターネットショッピングが新たな選択肢となるでしょう。

プロの手によるフラワーアレンジメントは、こちらから指定出来る自由度は少ないものの、選び方や組み合わせが任せられる利点があります。長寿のお祝いと申し付け、注文時にプレゼント用と告げれば、ネットでも満足のショッピングが実現します。

縁起物のそばやうどん

喜寿祝いに縁起物のうどん

一方で、花の贈り物に飽きたり、良いプレゼントが思い浮かばない場合は、花以外の贈り物が選択肢に加わります。太くて長く、かつ切れにくい物は縁起物ですから、コシのある麺類が長寿のお祝いに結び付きます

そばやうどんは、消化が良く高齢者にも向いているので、高級な手打ち麺が思い出のプレゼントになる商品の一つです。ネットを始めとして、身近なショッピングモールで開催される物産展も、長寿のお祝いが買える機会となり得ます。

喜寿祝いの思い出を形に

花や食べ物に興味がなく、何も欲しいと言わない相手には、思い出が形になるプレゼントが、喜ばれる贈り物に変わります。お揃いの食器や上着は、持っているだけで家族との繋がりが感じられたり、使うことで長寿のお祝いを思い出す切っ掛けとなります。

これらは全て、ショッピングモールで買い求めたり、インターネットショッピングで選ぶことが可能です。インターネットで調べてみると、実に様々なプレゼントやショップが存在しますし、種類豊富なだけにスペシャルなプレゼントを贈りたい方にどんぴしゃの品物が見つかるかもしれません。

またその品物に思い出の写真やメッセージを付け加えれば、お祝いの気持ちが十分に篭り、贈る相手に対して心から伝わるでしょう。