喜寿祝いってなに?ふさわしいギフトと押さえておくべきマナーの基本

喜寿ギフトとマナー

喜寿ギフトとマナー

人生の節目には、様々なお祝いがあります。長寿を祝うお祝いもいくつかあり、何歳でどんなお祝いがあるのか、あらかじめ知っておくとよいでしょう。

さて、今回のテーマは喜寿祝い

みなさんは、喜寿祝いをご存知でしょうか。喜寿祝いは「70歳」「80歳」のお祝いなどと間違われてしまうこともありますが、「77歳」のお祝いのことです。

自分と近しい年代の人へ贈るプレゼントとは違い、その大半は人生の先輩にあたる親や親族、恩人といった、年上の相手に贈るプレゼントになりますよね。そのため、何を贈れば良いのか悩む人は多いです。

実は、喜寿祝いにふさわしい、ギフトや水引についてのマナーというのも存在します。大切なのは、喜寿を迎える方をお祝いする気持ちと、それにふさわしいマナーです。お互いに気持ちよく喜寿祝いができるように、一般的な喜寿祝いのマナーを知っておきましょう。

喜寿祝いとはどのようなお祝い?

77歳のお祝いとは

数え年で77歳のお祝い、喜寿。

日本には様々な長寿祝いが存在するのですが、多くは中国から伝わった習慣です。たとえば還暦や古希などは、もともと中国発祥のお祝いでした。しかし、その中で喜寿だけは日本発祥のお祝いです。

今は、世界トップレベルの長寿国である日本も、昔はそうではありませんでした。現代の77歳は、まだまだ現役世代に負けない元気な人も多いですが、昔は77歳というとびっくりするほどの長生きでした

喜寿のお祝いが定着してきた江戸時代の庶民の平均寿命。なんと30歳台だったようです・・!!確かに、平均寿命の倍を生きる77歳となると、とても珍しいことだとわかりますね。

話を現代に戻しましょう。今日では、日本では人生80年と言われるほど長生きする方が増えてきました。昔とは状況が違いますが、喜寿祝いは長寿をお祝いするとともに、これからの健康・長寿を願う大切な場として大切なイベントの1つとなっています。

喜寿祝いの仕方は様々です。家族での食事会を開いたり、温泉旅行でお祝いしたり、ギフトを渡してお祝いしたりするのが一般的な喜寿祝いの方法です。喜寿の方の体調や都合、お祝いする側の予算などを考えて最適なお祝い方法を検討してみましょう。

 

喜寿祝いギフトの選び方

77歳のお祝いギフトの選び方

さて、今では77歳と言うと「まだまだこれから!」と元気な方も多いですが、みなさんのご家族でも、もうすぐ喜寿を迎えられるという方はいらっしゃいませんか?

もしお父さん、お母さん、あるいはお祖父さん、お祖母さんが今年喜寿を迎えるという方がいらっしゃるならば、大事な贈り物はもう決まりましたか?大切な方の、大切なお祝いですから、失敗などのないようにしたいですよね

そこで、喜寿祝いの贈り物と、そのマナーについてご紹介したいと思います。

喜寿のテーマカラーは紫

喜寿祝いの贈り物を考える際にポイントとなるのは「紫」です。紫は喜寿のテーマカラーで、無病息災を願うという意味が込められています

何となく、紫はお祝いに相応しくない色だと思われがちですが、もともと紫は位の高い人が身に付けていた色です。ですから、古希や喜寿のお祝いとして紫色のアイテムを選ぶことは全く問題ありませんので、安心してください。

実は、紫色は長寿祝いのテーマカラーとして最も多く選ばれている色です。高貴である、かつては位の高い人にしか身に付けられることが許されなかった色のものを贈ることで、尊敬の心を示したのですね。

もし悩んだときには、紫色を取り入れたネクタイやアクセサリーなどのファッション小物はいかがでしょうか。

また、伝統や格式を大切にしたいという方には、漆器や酒器のセットなどが喜ばれるのではないでしょうか。その他にも、時計や電化製品、フォトアルバムなど、最近のギフトは多様になってきています。贈る相手の趣味嗜好に合わせて選ぶのがよいでしょう。

77歳、喜寿祝いに紫色のプレゼント!おすすめの紫色ギフトをご紹介!

男性には趣味嗜好に合ったもの

男性には趣味に応じたもの

男女別の喜寿祝いギフトの選び方では、特に男性には趣味嗜好に合わせた贈り物がおすすめ。実用的なアイテムであれば、長く大切に使ってもらうことができるでしょう。

例えば、ゴルフが趣味のお父さんにはウェアやグローブなど、散歩に行く習慣がある場合にはウォーキングシューズを贈るなど。趣味に関するものであれば、普段の会話や持ち物の状況から把握しやすいです

身につけるものでサイズや好みがいまいちわからない場合には、一緒に買い物行って選んでもらうと自分好みのものを見つけてもらえるでしょう。

また、喜寿の方が趣味をお持ちでない場合には、普段から使える実用的なものや好みに応じたものがおすすめ。腕時計やキーケース、財布、食器、お酒など喜寿の方のライフスタイルや好みを把握して選んでみましょう。

女性にはファッション小物や花束

喜寿を迎える女性には、スカーフやアクセサリーなどお洒落なファッション小物がおすすめ。紫を基調としたものを中心に選んでみてください。いつまでも若々しくいてね、オシャレを楽しんでね、といった願いを込めることができ、外出する時間を楽しんでもらえるでしょう。

そして、定番ギフトである花束の贈り物も喜ばれます。こちらも紫色を意識して、紫色のバラや胡蝶蘭などの花束をプレゼントしてみましょう。もちろん、喜寿の方に好みの色や花があればそちらと組み合わせて贈っても素敵な贈り物になります。

花屋さんやフラワーショップで贈る目的や相手、予算を伝えて、よりよい花束を作ってもらいましょう。

最近では手入れ不要のプリザーブドフラワーやハーバリウムのプレゼントも人気がありますので、候補として考えてみてはいかがでしょうか。

(→喜寿祝いにおすすめの花はこちら

 

喜寿のマナーについて

喜寿のマナー

一方で、守らなければならないマナーもいくつかあります。お花はギフトとして人気ですが、椿は首が落ちるように花が枯れるのでタブーとされています。

また、老いを感じさせるアイテムには注意が必要です。老眼鏡などはとても便利ではありますが、老いを感じさせるため避けた方が無難。本人が欲しいと自ら言わない限りは、他のものを選びましょう。

現代は77歳であってもまだ若々しく元気な人が多いです。還暦の赤いちゃんちゃんこを嫌がる人が多いように、喜寿も配慮が必要。日常を楽しめるような、前向きなものが喜ばれます。

そして、贈り物の装丁ですが、何度でもお祝いしたいということで、紅白あるいは金銀の「蝶結び」の水引を用います

のしも付け、水引の結び目の中央下に「祝喜寿」などの表書き、そしてそれよりもやや小さく姓名を書きます。最後に、贈り物は祝宴が催される場合はその当日宴席で、そうでなければ誕生日の1週間前から当日までに贈ります。

ちなみに、プレゼントの内容や相手との関係性にもよりますが、喜寿祝いの相場は1万円~3万円程度です。マナーに気を付けて、素敵な贈り物を選んでくださいね。

77歳の方が主役!喜寿ギフトは本人の意思を尊重しましょう

喜寿のお祝いプレゼントに何を贈る?男女別に喜ばれる贈り物をご紹介!

喜寿のお祝いとプレゼント

喜寿のお祝いとプレゼント

おばあちゃんの喜寿祝いに何を贈るか、男性に喜ばれるプレゼントがいまいちわからない…など、喜寿祝いのプレゼント選びに悩まれる方は少なくありません。

もともとプレゼント選びに自信のない方は、なおさら難しいかもしれませんね。

喜寿は、数え年で77歳を迎えた人のための、人生の節目となるお祝いです。

できれば喜ばれるプレゼントを贈って、笑顔で素敵な一日にしてほしいですよね。

そこで、今回は喜寿のお祝い方法や、男女別に喜ばれる喜寿祝いのプレゼントについてご紹介します。

 

喜寿祝いの歴史

77歳のお祝いの歴史

喜寿とは、数え歳で77歳のことを言います。現代では元気に過ごしている77歳の方はたくさんいますが、喜寿を祝う習慣が生まれたとされる江戸時代には、77歳まで生きることはなかなか大変なことだったのです。

江戸時代の庶民の平均寿命はなんと30歳~40歳だと言われています。この頃はもちろん医療も発達しておらず、子供の死亡率も高かったことが原因のようです。つまり、江戸時代で77歳を迎えるというのは、平均寿命の倍近く生きるということだったのですね。

ちなみに15代続いた徳川歴代将軍でさえも、平均寿命は51才だったとか。

そういう当時の環境もあり、77歳を迎えた方を家族や親せき、友人がお祝いしていた名残が今でも続いているというわけです。

ただ、現在の日本は世界トップクラスの長寿国。77歳を迎えた人のなかには、まだまだ現役で活躍したり毎日を楽しんでいる人もたくさんいます。ですから、これからの生活がより楽しく、無病息災を祈る意味でお祝いするのが一般的な考え方になっています。

 

喜寿のお祝い方法

77歳のお祝い方法

さて、喜寿についてもう少し詳しく見てみましょう。

喜寿の基本的な色は紫。実は、長寿祝いにはそれぞれテーマカラーがあります。還暦の赤色は、有名ですよね。

この紫色にもちゃんとした意味があります。昔、紫は最上位の位の人しか身に着けることが許されない色だったのです。それが今でも敬意を表す色として喜寿で使われているのです

また、紫は感性を研ぎ澄ます色ともいわれているので、いつまでも若々しくいてくださいという意味も込めているのです。

このような意味合いを込めることができることから、喜寿祝いには紫色のものを贈ると縁起が良いとされています。紫といっても、濃い紫から薄いパステルカラーの紫まで様々です。贈る相手に似合いそうな紫色のアイテムをギフトに選んでみましょう。

また、喜寿を迎えたおじいちゃん、おばあちゃんは、子や孫、親せきに囲まれてお祝いすることが多いです。

自宅やレストランなどで食事会をしたり、旅行に行ったりなど各家庭によってお祝いの場所や方法は異なりますが、家族で過ごす時間を大切にすると喜ばれます。場所や日程については特に決まりはありませんので、喜寿の方の体調や気持ちを一番に考えてお祝いの方法を考えましょう。

そして、それぞれその時に贈るお祝いの品物は、その方が喜ぶものが一番です。趣味の道具や思い出になるものなどが喜ばれます。

 

男女別!喜ばれる喜寿のお祝いプレゼント

男女別喜ばれる77歳のお祝いギフト

おじいちゃんへ、おばあちゃんへ、ご両親へ、など贈る相手のことを考えて、喜ばれる喜寿祝いギフトを贈りましょう。

ここでは、男女別に分けて、喜寿のプレゼントにふさわしいものをいくつかご紹介します。

男性の場合

喜寿のプレゼントに紫の花を添える

お酒が好きなおじいちゃんなら、ちょっと奮発したお酒、おしゃれなおじいちゃんなら帽子、洋服、バックなどがおすすめ。すぐに飲めるもの、使えるものなど、好みに合った実用性の高いものは喜ばれます

紫色にこだわるのなら、添える花束を紫にしたり、ラッピングを紫にするのも良い方法です。

そのほか、カメラやゴルフ、料理、散歩などおじいちゃんが楽しんでいる趣味に関するものを贈るのもおすすめです。

【体験談】元気なおじいちゃんのサプライズ喜寿祝い!

女性の場合

女性への贈り物なら、やはりおしゃれに関係するものが喜ばれます。

淡い紫のカーディガン、紫の花がプリントされているカットソー、紫色のバック、紫の石がついたアクセサリーなど、紫にこだわっても選ぶものはたくさんあります。

また、女性には気持ちが明るくなるような明るい色味のフラワーギフトも喜寿祝いのプレゼントとして人気。より喜寿の方に気持ちが伝わるように、メッセージや手紙を添えて贈りましょう。

【体験談】家族で祝うおばあちゃんの喜寿祝い

療養中の方への贈り物

喜寿を迎える年頃になると、人によっては病気療養中でなかなか起き上がることが困難だったり、介護を受けながら生活をしているケースもあります。状態によっては何をプレゼントしてよいものか悩むかもしれませんね。

そうした場合、飾って楽しめるフラワーギフトがおすすめです。近年では、水やりの必要がなく長期的にきれいな状態が保てるプリザーブドフラワーが人気です。同じように、水やりの必要がなく飾って長く楽しめるハーバリウムもおすすめ。

横になって過ごす時間が長い人には、肌触りの良い寝具や寝巻き、枕元から見やすい位置における写真立てに家族写真を入れてプレゼントするのも良いですね。

食べ物の制限がないかどうかを確認してから、おいしい食材を用意してみんなで食べるのもおすすめです。

男女に共通して喜ばれる贈り物

喜寿のお祝いメッセージ

そして男女とも共通して喜ばれるのは、みんなからのメッセージボートや旅行券、おいしい食べ物などです。おじいちゃん、おばあちゃんを一緒にお祝いするのなら、夫婦茶碗や湯飲みなどの食器類も素敵です。

おじいちゃん、おばあちゃんのおかげで今の自分たちがある、いつも愛情をたくさん注いでくれることへの感謝の気持ちをお祝い品として表すいい機会です。いつまでも元気で長生きしてねという気持ちのこもった贈り物は、励みになります。

そして何よりも子や孫たち身内がみんな仲良く、一生懸命生きている姿を見せることが願いであり、元気のもとになるのです。

77歳の方が主役!失敗しない喜寿ギフト選びのポイントとは

喜寿のお祝いについて

喜寿のお祝いについて

喜寿祝いの主役は、77歳を迎える方ですね。お祝いのギフトを贈る際には、くれぐれもお祝いする側だけが満足するような形にならないよう、喜寿の方の気持ちや意思を第一に尊重することが大切です。

でも、そう考えれば考えるほど、お祝いのプレゼント選びに悩むもの。喜んでもらえるものって何があるのだろう、失礼にあたらないものって何?となかなかコレ!というものが見つからず困っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、喜寿祝いギフトの選び方や注意点についてご紹介します。

 

喜寿のお祝い、タイミングは?

77歳のお祝いのタイミング

長寿をお祝いするイベントのはいくつかありますが、喜寿は日本発祥のお祝いと言われています。還暦や古希など、他の長寿祝いのルーツは中国から伝わってきたもの。喜寿の喜ぶという字は草書体で七が三つ重なった字なので、上下の七を合わせて77歳になる歳もお祝いするということで始まったものなのだそう。

喜寿のお祝いは数え年で77歳です。数え年とは生まれた年をすでに1歳と考えて、元旦を過ぎると1歳年をとるという考え方です。現在は数え年を採用することが少なくなり、生まれた年を0歳として、誕生日がきたら1歳年をとる満年齢が使われることが殆どなので、満年齢で喜寿のお祝いをする場合は76歳ということになります。

喜寿のお祝いは家族が集まりやすいタイミングでOK

少し前までは数え年で喜寿などの長寿祝いをするケースが多かったようですが、現在では満年齢の数え方が一般化していることから、満年齢で77歳を迎えた時にお祝いする家庭もあるようです。これは、地域の風習や家庭の考え方により様々なので、どちらが正解、ということはないようです。

喜寿祝いのタイミングについては誕生日を選ぶのが一般的。しかし、家族が集まりやすいお正月やお盆、ゴールデンウィークなどの連休、敬老の日、誕生日前後の週末などで行う家庭も多いです。子どもや孫と食事をする、会話をするという時間が何よりのプレゼントになると感じる方も少なくありませんので、家族が集まれる日程で調整してみましょう。

 

おすすめの喜寿祝いギフトと選び方

77歳のお祝いギフトの選び方

喜寿だけでなく全ての長寿祝いに言えることですが、年祝いのギフトに選ぶものは、心のこもったものを選びたいものです。というのも、やはりこれまでの誕生日とは違って、喜寿をはじめとすう長寿祝いは非常に特別なもので、一生に1回しかありません

ここでは、おすすめの喜寿祝いギフトと選び方についてご紹介します。

紫色か紺色のものを選ぶ

紫色・紺色のものを選ぶ

長寿のお祝いにはそれぞれテーマカラーがあります。喜寿のカラーは紫色か紺色。ですので、品物を贈るときも、紫色か紺色のものを贈ることが多いです。由来は諸説ありますが、古来から位の高い人が身に付ける色が関連していると考えられます。

紫色といえば、落ち着きのある上品な色合い。特に洋服やファッション小物など身につけるものに紫色や紺色が取り入れられたものが喜寿祝いに人気があります。例を挙げると、男性にはセーターやシャツ、ポロシャツなど、女性にはスカーフ、アクセサリー類など。洋服やシューズを贈る場合、サイズがわからないと贈りづらいので一緒に買い物に行くとより良いものを選んでもらえるでしょう。

ただ、紫色に抵抗がある方もいます。単に苦手な色であったり、喜寿のテーマカラーのものをもらうことで老いを感じ、素直に喜べなかったりと、人によりその理由はさまざま。その場合には商品自体ではなく、ラッピングに紫色が取り入れらたものを選ぶと良いでしょう。

想いが伝わる贈り物を選ぶ

直接お祝いの言葉や感謝の言葉を述べるというのは、身近な方ほどなかなか言いづらいものです。ただ、せっかくの喜寿のお祝いです。日頃伝えられていない素直な気持ちを伝えてみましょう

想いを伝えるのにおすすめなのが、名前やメッセージを入れることができる名入れのギフト。近年では、置時計やフォトフレーム、湯呑みなど、さまざまな実用的なアイテムに贈り主の名前やオリジナルのメッセージを入れることができます。

名入れギフトの魅力は、「自分のために特別なものを作ってもらえた」という満足感が得られることです。家族と離れて生活していたり、ふだん一緒にいても伝えられない想いが形に残ることで、ふと目にした時にその時の幸せな気持ちを思い出すことができます。

お祝いの気持ちを形に残したい場合にはぜひ名入れギフトを贈ってみましょう。長寿祝い専門店であれば取り扱っている商品も豊富ですので、気になる商品を検索してみては。

人生の節目にふさわしい記念品

喜寿のお祝いに温泉旅行

77歳にもなると、身の回りのものはすべて揃っていると考えて、実用品というよりは記念品などを贈ると喜ばれるケースも多いです。さらに品物だけあげるのではなく、お祝いの席を設けて楽しい会食をすることもとても喜ばれます。

直接会えない遠方にいる場合でも、ビデオレターや家族写真のアルバムなど記念に残るものをプレゼントされると嬉しいもの。喜寿を迎える方が時間に余裕がある場合は、ますます健康でいるために健康グッズや温泉旅行券をプレゼントして、家族みんなで温泉にでかけるのも良い思い出となります。

熨斗は蝶結び

喜寿ギフトにのしを付ける場合は、長寿のお祝いでもあるため何度も繰り返したいことなので蝶結びののしを使います。表書きは祝喜寿長寿御祝などとします。

喜ばれる喜寿祝いとは?定番から縁起物までおすすめ5選!

 

喜寿祝いギフト選びの注意点

77歳のお祝いギフト選びの注意点

喜寿のお祝いには決まりやしきたりなどもあります。特に注意したいポイントとしては、喜寿を迎える方が主役となるための喜寿ギフトを選ぶことや、本人の意思を尊重して、本人が望む喜寿ギフトや食事の内容などを聞いてお祝いすることで

喜寿の方に希望を聞いても、特に希望がない場合には、年相応というよりも少し若い感覚の明るくお洒落な喜寿ギフトが喜ばれます。

ついつい、形式にこだわって「紫色のちゃんちゃんこ」をプレゼントしないと・・と思う方もいるかもですが、昨今は喜寿を迎える方に見合った、年寄りな感じをイメージさせない、若々しいイメージのプレゼントが喜ばれる傾向にありますので、注意してくださいね。

喜寿祝いってなに?ふさわしいギフトと押さえておくべきマナーの基本

喜ばれる喜寿祝いのギフト選びと守るべきマナー

喜寿祝いのマナー

喜寿祝いのマナー

喜寿祝いは、77歳を迎えた方をお祝いするためのもの。多くは、子どもや孫などの家族や親族にお祝いしてもらいます。祝ってもらう側としては、子や孫からなら「何をもらってもうれしい」と感じるものですよね。ただし、喜寿祝いギフトにもマナーは存在します。お互いに気持ちよく喜寿祝いを行うためにも、プレゼントを選ぶ際には守るべきマナーを把握しておくことが大切です。

そこで、今回はおすすめの喜寿ギフトとギフトを選ぶ際のマナーについてご紹介します。

 

喜寿をお祝いする際のマナーを押さえておこう!

77歳のお祝いマナーを把握しよう

60歳の還暦や70歳の古希、88歳の米寿など日本では年長者を敬う文化が根強く、長寿祝い・年祝いはいくつも存在します。その中でも77歳の喜寿は日本発祥の特別なお祝いです。

喜寿という名前ですが、これは喜を草書体で書くと「㐂」となり、七が三つに見えますよね。ここから77歳のお祝いとなったと言われています。

こういう長寿のお祝いは非常に特別なものであり、一生に一度きりなので、ぜひ欠かさずにお祝いしたいところですね。子どもや孫などからお祝いの品を送ってあげると喜んでもらえるので、何かしら用意しようと考える人も多いかもしれませんが、喜寿ギフトのマナーは案外知らない人もいます。

相手が気にしないこともあるかもしれませんが、周囲に笑われないためにもマナーは押さえておくと良いでしょう。

 

喜寿祝いのテーマカラー

喜寿の色は紫

まず、喜寿の祝いのカラーは古希と同じく紫になります。由来には諸説ありますが、古くは位の高い者が身につける色であったとされ、無病息災を祈って贈るためのものが紫と定着したようです。

また、紫色は位の高い人しか身につけられなかったことから、喜寿を迎える方に敬意を表す色という認識もあります。

ギフトそのものが紫のものでも構いませんが、例えばラッピングの色といったものでも構いません。とにかくワンポイントでもいいので、紫の色を使ってあげるとより喜寿のお祝いらしくなりますよね。ただ、無理に合わせる必要はありません。色合いには気を使っておくと良いでしょう。

喜寿を迎える人によっては、この紫のテーマカラーをあまり喜べないケースもあるようです。いつまでも若々しくいたい、歳を重ねたことを実感したくないなどと感じる人もいるため、歳を重ねることにマイナスイメージが強い方には紫色を避けた方がベターなケースもあります。

60歳の還暦で赤いちゃんちゃんこを着たくないという意見はよく耳にしますよね。同様に、77歳の喜寿で紫色のものを貰いたくないという人もいるんです。

もし、ギフトラッピングで熨斗をつける場合は、長寿の祝いは何度繰り返してもめでたいという意味から蝶結びの熨斗を使用します。表書きは「祝喜寿」とするのが一般的です。

 

喜寿に喜ばれるギフトについて

77歳のお祝いに喜ばれるギフト

喜寿祝いギフトのテーマカラーに触れたところで、喜寿祝いに喜ばれるおすすめのギフトについてご紹介します。

名入れのお酒

喜寿祝い専用の名入れ酒喜寿ギフトに何を贈ろうか悩むかもしれませんが、やはり古くから根強い人気のある日本酒などが良いかもしれません。名入れの大吟醸は特に人気で、ネット通販でもよく見かけるギフトとなっています

77年前の生まれた日の新聞付き名入れ酒販売先

ラッピングにも紫色を指定できるなどあるので、気になる人は調べてみるのも良いでしょう。

お酒好きの方へ!喜寿祝い、プレゼントに人気の名入れボトル!

フラワーギフト

フラワーギフトはさまざまな場面で人気の高いギフトです。喜寿に関しても、やはり定番中の定番。紫色にこだわるのなら、胡蝶蘭がおすすめです。元々は幸せが飛んでくるという意味合いもあることから花を贈る人には人気が高いです。

フラワーギフトは、そのまま飾るだけなので、誰に対しても贈りやすいギフトです。たとえば、病気やケガなどで療養中の方は、ベッドに横になっていても目に入るところに置いておき、いつでも眺めることができます。

生花を贈る場合は、早めに注文しておかないと間に合わないこともあるため注意が必要です。近年では、お手入れ不要で長持ちするプリザーブドフラワーやソープフラワー、ハーバリウムなども人気があります。

家族で贈る記念品

家族で贈る記念品

基本は長寿の記念という意味合いがあるので、お酒や花も悪くないのですが、実用品より記念品が良いと感じる方もいます。

77歳にもなると、必要なものは既に揃っている、あるいはこれ以上物を増やしたくない人もいるかもしれません。

記念品なら、新たな思い出を残すことができるため、多くの方に喜ばれます。家族写真のアルバムやビデオレターなどを検討してみてはいかがでしょうか。家族が多い家であれば寄せ書きなども賑やかに飾ることができるので特におすすめです。

会食や旅行といった、非日常を体験できる機会を設けるという方法もあります。おしゃれをして、おいしいものをみんなで食べに行ったり、無理のない範囲で旅行に行くことは、とても高い満足度が得られる方法。

高齢になると、どうしても活動範囲が狭くなりがちです。本当は出掛けることが大好き、という方へのお祝いは、自宅から離れた特別な空間で行ってみてはいかがでしょうか。もちろん、出掛けることが難しい方には、ちょっと豪華な料理を用意して自宅でパーティーを開いても良いですね。

 

喜寿祝いギフトを選ぶ際のマナー・注意点

77歳のお祝いギフトを選ぶ際の注意点・マナー

喜寿祝いギフトを選ぶ際のマナー・注意点としては、まず長寿をお祝いするイベントとはいえ「老い」を連想させるようなアイテムは避けることです。

これからも若々しく元気でいてほしいという気持ちを伝えるのであれば、少々明るめの色合いのファッション小物や花束を選ぶのがおすすめ。くれぐれも首が落ちるをイメージさせる椿の花は避けましょう。

老眼鏡、杖、補聴器など、老いを感じるアイテムは本人が欲しいと言わない限りは避けた方が良いです。

また、櫛(くし)や故人の顔にかける白い布を連想させる白い無地のハンカチなど、「死」「苦」を連想させるアイテムも喜寿祝いにはふさわしくありませんので注意しましょう。

これらのアイテムを避けて、喜寿の方に楽しく使ってもらえそうなもの、相手が前向きになれるようなものを中心に選んでみましょう。

喜寿祝いってなに?ふさわしいギフトと押さえておくべきマナーの基本

77歳、喜寿祝いに紫色のプレゼント!おすすめの紫色ギフトをご紹介!

喜寿のお祝い

喜寿祝いには縁起の良い紫色のプレゼントを贈りましょう。長寿祝いにはそれぞれ決まった色がありますが、喜寿祝いの場合のテーマカラーは紫色。紫色の洋服や小物など年齢にふさわしい上品で落ち着きのある贈り物ができそうですね。

今回は、喜寿のお祝いに紫色のものが選ばれている理由や、おすすめの紫色ギフトをご紹介します。

 

喜寿の由来とテーマカラーについて

77歳のお祝いの由来とテーマカラー

長寿をお祝いするだけでなく、さらには家族や親せきなど周りの人たちもその長寿にあやかりたい、そういう願いも込められている年祝いの行事。

還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿・百寿と61歳(満60歳)から様々な長寿のお祝いが存在します。

その中で喜寿祝いとは、数え年で77歳のお祝いの事になります。なぜ喜寿なのかと言うと、喜と言う文字が草書体だと七十七と読める事が由来になっています

最近では男女共に平均寿命が伸びており、その平均寿命は80歳を超える時代に突入しています。ですので60代でも現役で働いている方が多くなっています。そういうことから還暦が長寿の祝いと言う認識は薄れつつあり、一般的には70歳の祝いである古希から長寿の祝いになるという認識が広まっています。

また還暦はテーマのカラーが赤ですので、赤いちゃんちゃんこを贈るという慣例がありますが、喜寿にも贈るべきとされる色があります。これは古希の場合もそうなのですが、基本的に紫色のものを贈る事が良いとされています。

紫色は長寿の色なので喜寿には適していますし、上品で落ち着いた色である点も良いと言えます。昔から紫色は位の高い高貴な方が身に着ける色とされていましたが、そこから派生して年長者への敬意を込めた色として浸透していったのではないでしょうか。

 

紫色を意識した喜寿祝いギフトの選び方

釣り好きには釣りざおの贈り物

日本の平均寿命は世界トップレベルなのはよく知られた事実です。さらに近年は健康意識も非常に高まっていますので、喜寿でも元気で活発な方が多くなっています。

喜寿のお祝いとして、紫色のものを喜ばれる方も多いですが、一方であまり嬉しくないと感じる方もいます。

その様な方は長寿の祝いを喜ばない傾向が見られます。やはり自分は健康で元気なのになぜ年寄りのような扱いをされるのか、と不快に思われる方もいらっしゃるようですね。

赤いちゃんちゃんこを還暦のお祝いにもらいたくないという意見はよく聞きます。そのように、喜寿の紫色のプレゼントも「歳をとった」というネガティブなイメージを感じる人もいるということです。

紫色にこだわる必要はない

上記のような理由から、喜寿のお祝いは還暦のお祝いと同様に、本人が好きな物をプレゼントすると言う認識でいた方が良いとされています。

そこで、喜寿祝いのテーマカラー「紫」をどう取り入れるか、迷いますよね。もし、喜寿を迎える方が歳を重ねることに嬉しくない様子が見られるのであれば、紫にこだわる必要はありません。

もし、差し障りのない範囲で紫色を取り入れた方がベターだと感じた場合は、ラッピングの一部にさりげなく紫色を入れてみてはいかがでしょうか。

また、実用的なものであれば色ばかりが強調されず便利です。釣りが趣味なのであれば紫色の釣り竿を贈ったり、ウォーキングが趣味であれば紫のワンポイントが入ったシューズなどが喜ばれます。

喜寿のお祝いに、必ず紫のカラーを取り入れなければならないという決まりなどももちろんありません。大切なのは、本人の気持ちを考えてプレゼントを選ぶこと。とにかくできる限りの範囲でカラーも意識してあげると良いですね。

このように本人に意識させないように喜寿の祝いをすることも必要ですし、本人が望むのであれば盛大に祝ってあげる必要もあると言えます。なお基本的にはおめでたい事ですので、険悪な雰囲気にならないようにする事が重要なポイントになるとされています。

 

喜寿祝いギフトにおすすめの紫色のアイテム

喜寿祝いにおすすめの紫色ギフト

ここからは、喜寿祝いギフトにおすすめの紫色のアイテムをご紹介します。

洋服やファッション小物

特に人気が高いのが紫色の洋服やファッション小物。毎日のコーディネートに取り入れやすい、実用的なものほど好まれる傾向にあります。

長寿祝いというとちゃんちゃんこのイメージが強いですが、現代では普段使いできないという理由から洋服やファッション小物などの身につけるアイテムを贈る方が増えています

洋服を贈る場合には喜寿祝いの季節に応じたものや、スポーツウェアなど趣味に応じたものを贈ると喜ばれます。ファッション小物では、スカーフや帽子などの人気が高いです。

お出かけや趣味が一層楽しめるような、少々明るめなお洒落なものを選びましょう。

名入れのお酒

お酒好きの方には、名前やメッセージ、イラストを入れることができる名入れのお酒がおすすめ。長寿祝い専門店の中には、紫色の瓶にお酒を詰め、紫の高級風呂敷でまとめてくれるというサービスがあるお店もあります

好きなお酒にさりげなく紫色を取り入れることができ、飾る際にも「喜寿祝いの際の贈り物」ということがメッセージラベルと瓶の色を見ればすぐにわかるので魅力的。また、世界に一つだけの特別な贈り物になりますので、お酒を楽しんでいる間だけではなく、飲み終わってからも飾って楽しむことができます。

手続きはとても簡単で、インターネット等から入れてもらいたい名前やメッセージ、イラストのモトとなる写真を送るだけでOK。様々なギフト専門店をはじめ、お酒を扱うお店などがサービスの一部に取り入れているため、「名入れギフト」などと検索するとたくさんのお店がヒットします。

お祝いの気持ちや感謝の気持ちを名入れのお酒に込めて贈ってみてはいかがでしょうか。(→名入れのお酒取扱店はこちら

食器

実用的な贈り物としては、紫色のお箸やお茶碗、湯呑み、江戸切子のグラスなどの食器類も喜寿祝いには人気があります。

食は生きていくうえで大切。歳を重ねると、食べることが楽しみだという人も多いです。特に高齢になるにつれ、毎日の食事をおいしく食べることは生きる力に直結します。

食器類をプレゼントすると、これからも楽しく食事を楽しんでほしいという願いを込めることができるため、健康を願うアイテムとして最適です。ご夫婦に贈られる場合には、ペアのものを選んでみましょう。

また、お茶が好きな方には湯呑みとお茶菓子、お酒を飲まれる方には酒器とレアなお酒など、セットのアイテムを用意すると楽しみが増えます。

最近では、名前やメッセージを入れることができる商品も増えているため、特別感を出したいという場合には検討してみては。

フラワーギフト

フラワーギフト

お花の贈り物も喜寿祝いには人気の贈り物。喜寿祝いのテーマカラーに合った紫のバラや胡蝶蘭、ガーベラなどの花を贈りましょう。また、喜寿の方の好みの色の花や、ピンクや赤、オレンジの花と組み合わせて華やかな花束のもおすすめ。

花屋さんに行って、贈る相手や目的、予算、喜寿の方のイメージなどを伝えれば、喜寿の方にピッタリな花束を作ってもらえます。

フラワーギフトは、何を贈って良いのか悩んだ場合はもちろん、他のプレゼントに添えたい場合にも選びやすいアイテムです。また、病気などで活発な生活を送ることが難しい状態にある方へのプレゼントにも選びやすいです。もし、喜寿祝いのギフト選びに困ったら、フラワーギフトを検討してみては。

最近では、手入れ不要のプリザーブドフラワーも人気があります。プリザーブドフラワーは、本物のお花の質感をそのまま保ちながら加工されたお花。造花とは違い、本物のお花と間違えるほどの美しさを長期的に保ち、水やりの必要はありません。相手の負担を考えて検討してみましょう。

(→喜寿祝いにおすすめの花はこちら

77歳の方が主役!失敗しない喜寿ギフト選びのポイントとは