喜寿祝いとは。喜寿祝いのギフトとマナー

喜寿ギフトとマナー

喜寿ギフトとマナー

数え年で77歳のお祝い、喜寿。

日本には様々な長寿祝いのイベントが存在するのですが、その中でも喜寿というのは、実は日本発祥だということをご存知でしょうか。

他にある還暦や古希などの長寿祝いは中国から伝わったものなのですが、この喜寿だけは日本で作られたものです。

昔は77歳というとびっくりするほどの長生きでした。というのも、この喜寿のお祝いが定着してきた江戸時代の庶民の平均寿命。なんと30歳台だったようです・・!!

庶民は貧しかったでしょうし、病気になっても今のように設備の整った病院もなく、病気の原因などもわからず最終的には神頼み・・なんてことは日常茶飯事だったのではないでしょうか。

ですので、77歳まで生きている人は滅多にいなかったのでしょうね。

さて、今では77歳と言うと「まだまだこれから!」と元気な方も多いですが、みなさんのご家族でも、もうすぐ喜寿を迎えられるという方はいらっしゃいませんか?

もしお父さん、お母さん、あるいはお祖父さん、お祖母さんが今年喜寿を迎えるという方がいらっしゃるならば、大事な贈り物はもう決まりましたか?

大切な方の、大切なお祝いですから、失敗などのないようにしたいですよね。そこで、喜寿祝いの贈り物と、そのマナーについてご紹介したいと思います。

喜寿のテーマカラーは紫

喜寿祝いの贈り物を考える際にポイントとなるのは「紫」です。紫は喜寿のテーマカラーで、無病息災を願うという意味が込められています。ですから、紫色を取り入れたネクタイやアクセサリーなどのファッション小物はいかがでしょうか。

また、伝統や格式を大切にしたいという方には、漆器や酒器のセットなどが喜ばれるのではないでしょうか。その他にも、時計や電化製品、フォトアルバムなど、最近のギフトは多様になってきています。贈る相手の趣味嗜好に合わせて選ぶのがよいでしょう。

喜寿のマナーについて

喜寿のマナー

一方で、守らなければならないマナーもいくつかあります。まず、老眼鏡などの老いを感じさせるものを贈るのは避けましょう。花もギフトとして人気ですが、椿は首が落ちるように花が枯れるのでタブーとされています。

そして、贈り物の装丁ですが、何度でもお祝いしたいということで、紅白あるいは金銀の「蝶結び」の水引を用います。のしも付け、水引の結び目の中央下に「祝喜寿」などの表書き、そしてそれよりもやや小さく姓名を書きます。最後に、贈り物は祝宴が催される場合はその当日宴席で、そうでなければ誕生日の1週間前から当日までに贈ります。

以上のマナーに気を付けて、素敵な贈り物を選んでくださいね。

喜寿のお祝いプレゼントとは?

喜寿のお祝いとプレゼント

喜寿のお祝いとプレゼント

喜寿とは、数え歳で77歳のことを言います。現代では元気に過ごしている77歳の方はたくさんいますが、昔は77歳まで生きることはなかなか大変なことだったのです。

というのも、喜寿など長寿祝いが広まった江戸時代をクローズアップしてみると、この時代の庶民の平均寿命はなんと30歳~40歳だと言われています。この頃はもちろん医療も発達しておらず、子供の死亡率も高かったことが原因のようです。ちなみに15代続いた徳川歴代将軍でさえも、平均寿命は51才だったとか。

そういう当時の環境もあり、77歳を迎えた方を家族や親せき、友人がお祝いしていた名残が今でも続いているというわけです。

さて喜寿についてですが、喜寿の基本的な色は紫で、この色にもちゃんとした意味があります。昔、紫は最上位の位の人しか身に着けることが許されない色だったのです。それが今でも敬意を表す色として喜寿で使われているのです。また、紫は感性を研ぎ澄ます色ともいわれているので、いつまでも若々しくいてくださいという意味も込めているのです。

喜寿を迎えたおじいちゃん、おばあちゃんは、子や孫、親せきに囲まれてお祝いすることが多いです。その時に贈るお祝いの品物は、その方が喜ぶものが一番です。

喜寿のプレゼントに紫の花を添える

お酒が好きなおじいちゃんなら、ちょっと奮発したお酒、おしゃれなおじいちゃんなら帽子、洋服、バックなどが、すぐに飲めるもの、使えるものとして喜ばれます。紫色にこだわるのなら、添える花束を紫にしたり、ラッピングを紫にするのも良い方法です。

女性への贈り物なら、やはりおしゃれに関係するものが喜ばれます。淡い紫のカーディガン、紫の花がプリントされているカットソー、紫色のバック、紫の石がついたアクセサリーなど、紫にこだわっても選ぶものはたくさんあります。

喜寿のお祝いメッセージ

そして男女とも共通して喜ばれるのは、みんなからのメッセージボートや旅行券、おいしい食べ物などです。おじいちゃん、おばあちゃんを一緒にお祝いするのなら、夫婦茶碗や湯飲みなどの食器類も素敵です。

おじいちゃん、おばあちゃんのおかげで今の自分たちがある、いつも愛情をたくさん注いでくれることへの感謝の気持ちをお祝い品として表すいい機会です。いつまでも元気で長生きしてねという気持ちのこもった贈り物は、励みになります。

そして何よりも子や孫たち身内がみんな仲良く、一生懸命生きている姿を見せることが願いであり、元気のもとになるのです。

喜寿ギフトは本人の意思を尊重しましょう

喜寿のお祝いについて

喜寿のお祝いについて

喜寿は日本が発祥のお祝いと言われています。還暦や古稀なども誕生から節目を迎える年をお祝いしますが、それらのルーツは中国にあると言われています。喜寿の喜ぶという字は草書体で七七と七が重なった字なので、上下の七を合わせて77歳になる歳もお祝いするということで始まったものです。

喜寿のお祝いは数え年で77歳です。数え年とは生まれた年をすでに1歳と考えて、元旦を過ぎると1歳年をとるという考え方です。現在は数え年を採用することが少なくなり、生まれた年を0歳として、誕生日がきたら1歳年をとる満年齢が使われることが殆どなので、満年齢で喜寿のお祝いをする場合は76歳ということになります。

喜寿だけでなく全ての長寿祝いに言えることですが、年祝いのギフトに選ぶものは、心のこもったものを選びたいものです。というのも、やはりこれまでの誕生日とは違って、年祝いの通過儀礼は非常に特別なもので、一生に1回しかありません。

また、長寿のお祝いにはそれぞれテーマカラーがあり、喜寿のカラーは紫色か紺色。ですので品物を贈るときも、紫色か紺色のものを贈ることが多いです。由来は諸説ありますが、古来から位の高い人が身に付ける色が関連していると考えられます。

喜寿ギフトにのしを付ける場合は、長寿のお祝いでもあるため何度も繰り返したいことなので蝶結びののしを使います。表書きは祝喜寿や長寿御祝などとします。

喜寿のお祝いに温泉旅行

喜寿ギフトは77歳という年齢から身の回りのものはすべて揃っていると考えて、実用品というよりは記念品などを贈ると良いです。さらに品物だけあげるのではなく、お祝いの席を設けて楽しい会食をすることもとても喜ばれます。

直接会えない遠方にいる場合でも、ビデオレターや家族写真のアルバムなど記念に残るものを作るのも嬉しいものです。喜寿を迎える方が時間に余裕がある場合はますます健康でいるために健康グッズや温泉旅行券をプレゼントして、家族みんなで温泉にでかけるのも良い思い出となります。

喜寿のお祝いには決まりやしきたりなどもありますが、喜寿を迎える方が主役となるための喜寿ギフトを選ぶことや、本人の意思を尊重して、本人が望む喜寿ギフトや食事の内容などを聞いてお祝いします。特に希望がない場合に選ぶ喜寿ギフトは、年相応というよりも少し若い感覚の明るくお洒落な喜寿ギフトが喜ばれます。

ついつい、形式にこだわって「紫色のちゃんちゃんこ」をプレゼントしないと・・と思う方もいるかもですが、昨今は喜寿を迎える方に見合った、年寄りな感じをイメージさせない、若々しいイメージのプレゼントが喜ばれる傾向にありますので、注意してくださいね。

喜寿ギフトのマナーとおすすめ

喜寿祝いのマナー

喜寿祝いのマナー

61歳の還暦や70歳の古希、88歳の米寿など日本では年長者を敬う文化が根強く、長寿祝い・年祝いはいくつも存在します。その中でも七十七歳もひとつのポイントとなっており、喜の字の祝いとしておじいちゃん、おばあちゃんの喜寿となります

喜寿という名前ですが、これは喜を草書体で書くと「㐂」となり、七が三つに見えますよね。ここから77歳のお祝いとなったと言われています。

こういう長寿のお祝いは非常に特別なものであり、子供や孫などからお祝いの品を送ってあげると喜んでもらえるので、何かしら用意しようと考える人も多いかもしれませんが、喜寿ギフトのマナーは案外知らない人もいるはずです。

相手が気にしないこともあるかもしれませんが、周囲に笑われないためにもマナーは押さえておくと良いでしょう。

喜寿祝いのテーマカラーについて

喜寿の色は紫

まず、喜寿の祝いのカラーは古希と同じく紫になります。由来には諸説ありますが、古くは位の高い者が身につける色であったとされ、無病息災を祈って贈るためのものが紫と定着したようです。

ギフトそのものが紫のものでも構いませんが、例えばラッピングの色といったものでも構いません。とにかくワンポイントでもいいので、紫の色を使ってあげるとより喜寿のお祝いらしくなりますよね。ただ、無理に合わせる必要はありません。色合いには気を使っておくと良いでしょう。

また、長寿の祝いは何度繰り返してもめでたいという意味から蝶結びの熨斗を使用し、表書きは「祝喜寿」とするのが一般的です。

喜寿に喜ばれるギフトについて

喜寿祝い専用の名入れ酒喜寿ギフトに何を贈ろうか悩むかもしれませんが、やはり古くから根強い人気のある日本酒などが良いかもしれません。名入れの大吟醸は特に人気で、ネット通販でもよく見かけるギフトとなっています

77年前の生まれた日の新聞付き名入れ酒販売先

ラッピングにも紫色を指定できるなどあるので、気になる人は調べてみるのも良いでしょう。

その他には紫色を特徴とする胡蝶蘭で、元々は幸せが飛んでくるという意味合いもあることから花を贈る人には人気が高いです。ただし、生花という問題から早めに注文しておかないと間に合わないこともあります。

基本は長寿の記念という意味合いがあるので、お酒や花も悪くないのですが、実用品より記念品が良いとされ、家族写真のアルバムや会食、旅行、ビデオレターなども喜ばれます。

家族が多い家であれば寄せ書きなども賑やかに飾ることができるので喜ばれるようです。

77歳、喜寿祝いに紫色のプレゼント

喜寿のお祝い

長寿をお祝いするだけでなく、さらには家族や親せきなど周りの人たちもその長寿にあやかりたい、そういう願いも込められている年祝いの行事。

還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿・百寿と61歳から様々な長寿のお祝いが存在します。

その中で喜寿祝いとは、数え年で77歳のお祝いの事になります。なぜ喜寿なのかと言うと、喜と言う文字が草書体だと七十七と読める事が由来になっています

最近では男女共に平均寿命が伸びており、その平均寿命は80歳を超える時代に突入しています。ですので60代でも現役で働いている方が多くなっています。そういうことから還暦が長寿の祝いと言う認識は薄れつつあり、一般的には70歳の祝いである古希から長寿の祝いになるという認識が広まっています。

また還暦はテーマのカラーが赤ですので、赤いちゃんちゃんこを贈るという慣例がありますが、喜寿にも贈るべきとされる色があります。これは古希の場合もそうなのですが、基本的に紫色のものを贈る事が良いとされています。

紫色は長寿の色なので喜寿には適していますし、上品で落ち着いた色である点も良いと言えます。昔から紫色は位の高い高貴な方が身に着ける色とされていましたが、そこから派生して年長者への敬意を込めた色として浸透していったのではないでしょうか。

本人の好きなものが喜ばれる傾向

釣り好きには釣りざおの贈り物

ただし上記のように平均寿命が伸びています、さらに近年は健康意識も非常に高まっていますので、喜寿でも元気で活発な方が多くなっています。その様な方は長寿の祝いを喜ばない傾向が見られます。やはり自分は健康で元気なのになぜ年寄りのような扱いをされるのか、と不快に思われる方もいらっしゃるようですね。

なので周りが祝うと言うよりも、本人が好きな物をプレゼントすると言う認識でいた方が良いとされています。

そこで、喜寿祝いのテーマカラー「紫」をどう取り入れるか、というところなのですが、例えば釣りが趣味なのであれば紫色の釣り竿を贈ったり、ウォーキングが趣味であれば紫のワンポイントが入ったシューズなどが喜ばれます。

ただ、必ず紫のカラーを取り入れなければならないという決まりなどももちろんありませんので、とにかくできる限りカラーも意識してあげると良いですね。

このように本人に意識させないように喜寿の祝いをすることも必要ですし、本人が望むのであれば盛大に祝ってあげる必要もあると言えます。なお基本的にはおめでたい事ですので、険悪な雰囲気にならないようにする事が重要なポイントになるとされています。