喜寿祝いとは

喜寿祝いの習慣は室町時代から

喜寿の起源は室町時代

世界でも冠たる長寿国となった日本。2017年の調査では、平均寿命が男性80.98歳、女性87.14歳で過去最高を更新。世界2位という順位が発表されています。

こうやって長生きする方が増えている要因としては、健康志向が高まっていたり、医療技術が向上して死亡率が下がったことにあるようです。確かに身近なところではテレビ番組なども、健康ジャンルの番組は近年すごく増えていますよね。

そういう環境の中、長寿の実感が一番わいてくるのは77歳の「喜寿」だと感じる人が最近は多いそうです。ほんの数百年前まで「人生五十年」と言われていたことを考えると まさに隔世の感ですね。その「喜寿」を祝う習慣が始まったのは室町時代と言われています

喜寿の前の還暦や古希の祝いは中国から伝わってきたものですが、喜寿だけは日本発祥というのもちょっと不思議ではあります。ただ中国由来の「長寿祝い」という習慣が定着する中、最初は貴族たちが「喜寿」を祝う習慣を始め、それがだんだん庶民にも広まっていったようです。

そしてこの「喜寿」という漢字ですが、「喜」が草書体で書くと「㐂」となるため、そこから77歳のお祝いとなりました。

さてそんな特別なご長寿祝いに、家族揃って食事会。そのお祝いにちなんだ店を探そうとネットで 検索してみると…。こんな時、探しやすいのが喜寿祝いのお店かもしれません。というのも、 還暦という店名は有りそうで有りません。

喜寿のお祝いにお寿司屋

また、古稀の場合は、その特殊ないわれ(古稀の由来参照)のため、 店名にするのは難しく、米寿以上になるとあまりに長寿祝いに直結してしまうため、店名としては使いにくい ようです。それもそうですね。長寿祝い専門店と思われてしまえば、お客様の層を狭めてしまうことにもなりかねません。

しかし「喜寿」となると、けっこうな数のお店の名前がヒットします。なぜでしょうか。実はこの理由は文字にあります。種を明かせば、「喜寿」の言葉が組み込まれている店名が多いのですね。 とりわけヒットするのが寿司屋

確かに、「○喜寿司」などという店名は決して個性的な名前ではないかもしれません。たとえば○の部分に「安」とか「大」とか「皆」とか入れてみてください。むしろ、いかにも お寿司屋さんっぽい名前になります。というわけで、喜寿祝いにふさわしい店を選ぶのは、他の長寿祝いに比べて簡単かもと…最後にちょっとダジャレ感覚な話のネタをご紹介しました。

家族で祝うおばあちゃんの喜寿祝い

おばあちゃんの喜寿祝い

おばあちゃんの喜寿祝い

私のお婆ちゃんはとても家族から愛されています。家族はもちろん、ご近所さんもお婆ちゃんと話をするためによく訪れます。「お婆ちゃん、今日は天気がいいね」「お婆ちゃん、これおすそわけするから食べてください」と、毎日お婆ちゃんのお家には自然と人が集まります。

そんなお婆ちゃんが、今度77歳となり喜寿を迎えることになったので、みんなでお祝いをしようということになりました。

ぽたぽた焼きのお婆ちゃんの様なやさしいお婆ちゃんも喜寿を迎えましたが、今でもとても元気です。そんなお婆ちゃんに喜んでもらいたいということで、ごちそうやケーキ、プレゼントを用意することにしました

家族はもちろん、ご近所さんも喜寿を迎えることを喜んでくれて、積極的にいろいろと協力してくれたのが私の中でとても嬉しかったです。

パーティーをするときにごちそうに使う野菜は近所の方が作っている野菜をわけてくれて、ケーキは近所にあるケーキ屋さんで似顔絵のイラストを描いてもらえました。お婆ちゃんそっくりの似顔絵には子供たちのほうが大喜びで、ケーキをあけるのがますます楽しみになっていました。

プレゼントは家族で相談しながら選んだのですが、当日お婆ちゃんに渡したときにわかったことがあります。お婆ちゃんの好きなものをみんな無意識に打ち合わせなく、バラバラに選んでいたのです。

びっくりすることに、誰一人として同じものを選ばず品物がかぶったりしなかったのでよかったのですが、家族だからか、誰が何をプレゼントするのか、などを想像して選んでいたということです。

 

おばあちゃんに喜寿のプレゼント

お婆ちゃんの喜寿のパーティーは家族はもちろん、ご近所さんもお祝いしてくれて、お婆ちゃんが嬉しそうに笑っている姿が印象的でした。可愛い孫たちからの似顔絵を受け取ったときは、大きな声をあげて喜んでいたので、お婆ちゃんの中で一番うれしいプレゼントだったのではないでしょうか

ぽたぽた焼きのお婆ちゃんの様なお婆ちゃんが、顔をくしゃくしゃにして喜んでくれている姿に少し涙が出てしまったほど、喜寿のパーティーは大盛り上がりでした。お爺ちゃんも孫と一緒に歌を歌ったり、大騒ぎでした。

お婆ちゃんはみんなからもらったプレゼントをすごく大事にしていて、毎日愛用していたり、見えるところにいつも飾っていたりします。実家に帰るたびに孫たちと一緒に似顔絵を見たりしていますが、いつも一緒に遊んだりしてくれるやさしいお婆ちゃんは、家族全員どころかご近所さんにも人気ものです。