77歳、喜寿祝いに紫色のプレゼント!おすすめの紫色ギフトをご紹介!

喜寿のお祝い

喜寿祝いには縁起の良い紫色のプレゼントを贈りましょう。長寿祝いにはそれぞれ決まった色がありますが、喜寿祝いの場合のテーマカラーは紫色。紫色の洋服や小物など年齢にふさわしい上品で落ち着きのある贈り物ができそうですね。

今回は、喜寿のお祝いに紫色のものが選ばれている理由や、おすすめの紫色ギフトをご紹介します。

 

喜寿の由来とテーマカラーについて

77歳のお祝いの由来とテーマカラー

長寿をお祝いするだけでなく、さらには家族や親せきなど周りの人たちもその長寿にあやかりたい、そういう願いも込められている年祝いの行事。

還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿・百寿と61歳(満60歳)から様々な長寿のお祝いが存在します。

その中で喜寿祝いとは、数え年で77歳のお祝いの事になります。なぜ喜寿なのかと言うと、喜と言う文字が草書体だと七十七と読める事が由来になっています

最近では男女共に平均寿命が伸びており、その平均寿命は80歳を超える時代に突入しています。ですので60代でも現役で働いている方が多くなっています。そういうことから還暦が長寿の祝いと言う認識は薄れつつあり、一般的には70歳の祝いである古希から長寿の祝いになるという認識が広まっています。

また還暦はテーマのカラーが赤ですので、赤いちゃんちゃんこを贈るという慣例がありますが、喜寿にも贈るべきとされる色があります。これは古希の場合もそうなのですが、基本的に紫色のものを贈る事が良いとされています。

紫色は長寿の色なので喜寿には適していますし、上品で落ち着いた色である点も良いと言えます。昔から紫色は位の高い高貴な方が身に着ける色とされていましたが、そこから派生して年長者への敬意を込めた色として浸透していったのではないでしょうか。

 

紫色を意識した喜寿祝いギフトの選び方

釣り好きには釣りざおの贈り物

日本の平均寿命は世界トップレベルなのはよく知られた事実です。さらに近年は健康意識も非常に高まっていますので、喜寿でも元気で活発な方が多くなっています。

喜寿のお祝いとして、紫色のものを喜ばれる方も多いですが、一方であまり嬉しくないと感じる方もいます。

その様な方は長寿の祝いを喜ばない傾向が見られます。やはり自分は健康で元気なのになぜ年寄りのような扱いをされるのか、と不快に思われる方もいらっしゃるようですね。

赤いちゃんちゃんこを還暦のお祝いにもらいたくないという意見はよく聞きます。そのように、喜寿の紫色のプレゼントも「歳をとった」というネガティブなイメージを感じる人もいるということです。

紫色にこだわる必要はない

上記のような理由から、喜寿のお祝いは還暦のお祝いと同様に、本人が好きな物をプレゼントすると言う認識でいた方が良いとされています。

そこで、喜寿祝いのテーマカラー「紫」をどう取り入れるか、迷いますよね。もし、喜寿を迎える方が歳を重ねることに嬉しくない様子が見られるのであれば、紫にこだわる必要はありません。

もし、差し障りのない範囲で紫色を取り入れた方がベターだと感じた場合は、ラッピングの一部にさりげなく紫色を入れてみてはいかがでしょうか。

また、実用的なものであれば色ばかりが強調されず便利です。釣りが趣味なのであれば紫色の釣り竿を贈ったり、ウォーキングが趣味であれば紫のワンポイントが入ったシューズなどが喜ばれます。

喜寿のお祝いに、必ず紫のカラーを取り入れなければならないという決まりなどももちろんありません。大切なのは、本人の気持ちを考えてプレゼントを選ぶこと。とにかくできる限りの範囲でカラーも意識してあげると良いですね。

このように本人に意識させないように喜寿の祝いをすることも必要ですし、本人が望むのであれば盛大に祝ってあげる必要もあると言えます。なお基本的にはおめでたい事ですので、険悪な雰囲気にならないようにする事が重要なポイントになるとされています。

 

喜寿祝いギフトにおすすめの紫色のアイテム

喜寿祝いにおすすめの紫色ギフト

ここからは、喜寿祝いギフトにおすすめの紫色のアイテムをご紹介します。

洋服やファッション小物

特に人気が高いのが紫色の洋服やファッション小物。毎日のコーディネートに取り入れやすい、実用的なものほど好まれる傾向にあります。

長寿祝いというとちゃんちゃんこのイメージが強いですが、現代では普段使いできないという理由から洋服やファッション小物などの身につけるアイテムを贈る方が増えています

洋服を贈る場合には喜寿祝いの季節に応じたものや、スポーツウェアなど趣味に応じたものを贈ると喜ばれます。ファッション小物では、スカーフや帽子などの人気が高いです。

お出かけや趣味が一層楽しめるような、少々明るめなお洒落なものを選びましょう。

名入れのお酒

お酒好きの方には、名前やメッセージ、イラストを入れることができる名入れのお酒がおすすめ。長寿祝い専門店の中には、紫色の瓶にお酒を詰め、紫の高級風呂敷でまとめてくれるというサービスがあるお店もあります

好きなお酒にさりげなく紫色を取り入れることができ、飾る際にも「喜寿祝いの際の贈り物」ということがメッセージラベルと瓶の色を見ればすぐにわかるので魅力的。また、世界に一つだけの特別な贈り物になりますので、お酒を楽しんでいる間だけではなく、飲み終わってからも飾って楽しむことができます。

手続きはとても簡単で、インターネット等から入れてもらいたい名前やメッセージ、イラストのモトとなる写真を送るだけでOK。様々なギフト専門店をはじめ、お酒を扱うお店などがサービスの一部に取り入れているため、「名入れギフト」などと検索するとたくさんのお店がヒットします。

お祝いの気持ちや感謝の気持ちを名入れのお酒に込めて贈ってみてはいかがでしょうか。(→名入れのお酒取扱店はこちら

食器

実用的な贈り物としては、紫色のお箸やお茶碗、湯呑み、江戸切子のグラスなどの食器類も喜寿祝いには人気があります。

食は生きていくうえで大切。歳を重ねると、食べることが楽しみだという人も多いです。特に高齢になるにつれ、毎日の食事をおいしく食べることは生きる力に直結します。

食器類をプレゼントすると、これからも楽しく食事を楽しんでほしいという願いを込めることができるため、健康を願うアイテムとして最適です。ご夫婦に贈られる場合には、ペアのものを選んでみましょう。

また、お茶が好きな方には湯呑みとお茶菓子、お酒を飲まれる方には酒器とレアなお酒など、セットのアイテムを用意すると楽しみが増えます。

最近では、名前やメッセージを入れることができる商品も増えているため、特別感を出したいという場合には検討してみては。

フラワーギフト

フラワーギフト

お花の贈り物も喜寿祝いには人気の贈り物。喜寿祝いのテーマカラーに合った紫のバラや胡蝶蘭、ガーベラなどの花を贈りましょう。また、喜寿の方の好みの色の花や、ピンクや赤、オレンジの花と組み合わせて華やかな花束のもおすすめ。

花屋さんに行って、贈る相手や目的、予算、喜寿の方のイメージなどを伝えれば、喜寿の方にピッタリな花束を作ってもらえます。

フラワーギフトは、何を贈って良いのか悩んだ場合はもちろん、他のプレゼントに添えたい場合にも選びやすいアイテムです。また、病気などで活発な生活を送ることが難しい状態にある方へのプレゼントにも選びやすいです。もし、喜寿祝いのギフト選びに困ったら、フラワーギフトを検討してみては。

最近では、手入れ不要のプリザーブドフラワーも人気があります。プリザーブドフラワーは、本物のお花の質感をそのまま保ちながら加工されたお花。造花とは違い、本物のお花と間違えるほどの美しさを長期的に保ち、水やりの必要はありません。相手の負担を考えて検討してみましょう。

(→喜寿祝いにおすすめの花はこちら

77歳の方が主役!失敗しない喜寿ギフト選びのポイントとは