77歳の方が主役!失敗しない喜寿ギフト選びのポイントとは

喜寿のお祝いについて

喜寿のお祝いについて

喜寿祝いの主役は、77歳を迎える方ですね。お祝いのギフトを贈る際には、くれぐれもお祝いする側だけが満足するような形にならないよう、喜寿の方の気持ちや意思を第一に尊重することが大切です。

でも、そう考えれば考えるほど、お祝いのプレゼント選びに悩むもの。喜んでもらえるものって何があるのだろう、失礼にあたらないものって何?となかなかコレ!というものが見つからず困っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、喜寿祝いギフトの選び方や注意点についてご紹介します。

 

喜寿のお祝い、タイミングは?

77歳のお祝いのタイミング

長寿をお祝いするイベントのはいくつかありますが、喜寿は日本発祥のお祝いと言われています。還暦や古希など、他の長寿祝いのルーツは中国から伝わってきたもの。喜寿の喜ぶという字は草書体で七が三つ重なった字なので、上下の七を合わせて77歳になる歳もお祝いするということで始まったものなのだそう。

喜寿のお祝いは数え年で77歳です。数え年とは生まれた年をすでに1歳と考えて、元旦を過ぎると1歳年をとるという考え方です。現在は数え年を採用することが少なくなり、生まれた年を0歳として、誕生日がきたら1歳年をとる満年齢が使われることが殆どなので、満年齢で喜寿のお祝いをする場合は76歳ということになります。

喜寿のお祝いは家族が集まりやすいタイミングでOK

少し前までは数え年で喜寿などの長寿祝いをするケースが多かったようですが、現在では満年齢の数え方が一般化していることから、満年齢で77歳を迎えた時にお祝いする家庭もあるようです。これは、地域の風習や家庭の考え方により様々なので、どちらが正解、ということはないようです。

喜寿祝いのタイミングについては誕生日を選ぶのが一般的。しかし、家族が集まりやすいお正月やお盆、ゴールデンウィークなどの連休、敬老の日、誕生日前後の週末などで行う家庭も多いです。子どもや孫と食事をする、会話をするという時間が何よりのプレゼントになると感じる方も少なくありませんので、家族が集まれる日程で調整してみましょう。

 

おすすめの喜寿祝いギフトと選び方

77歳のお祝いギフトの選び方

喜寿だけでなく全ての長寿祝いに言えることですが、年祝いのギフトに選ぶものは、心のこもったものを選びたいものです。というのも、やはりこれまでの誕生日とは違って、喜寿をはじめとすう長寿祝いは非常に特別なもので、一生に1回しかありません

ここでは、おすすめの喜寿祝いギフトと選び方についてご紹介します。

紫色か紺色のものを選ぶ

紫色・紺色のものを選ぶ

長寿のお祝いにはそれぞれテーマカラーがあります。喜寿のカラーは紫色か紺色。ですので、品物を贈るときも、紫色か紺色のものを贈ることが多いです。由来は諸説ありますが、古来から位の高い人が身に付ける色が関連していると考えられます。

紫色といえば、落ち着きのある上品な色合い。特に洋服やファッション小物など身につけるものに紫色や紺色が取り入れられたものが喜寿祝いに人気があります。例を挙げると、男性にはセーターやシャツ、ポロシャツなど、女性にはスカーフ、アクセサリー類など。洋服やシューズを贈る場合、サイズがわからないと贈りづらいので一緒に買い物に行くとより良いものを選んでもらえるでしょう。

ただ、紫色に抵抗がある方もいます。単に苦手な色であったり、喜寿のテーマカラーのものをもらうことで老いを感じ、素直に喜べなかったりと、人によりその理由はさまざま。その場合には商品自体ではなく、ラッピングに紫色が取り入れらたものを選ぶと良いでしょう。

想いが伝わる贈り物を選ぶ

直接お祝いの言葉や感謝の言葉を述べるというのは、身近な方ほどなかなか言いづらいものです。ただ、せっかくの喜寿のお祝いです。日頃伝えられていない素直な気持ちを伝えてみましょう

想いを伝えるのにおすすめなのが、名前やメッセージを入れることができる名入れのギフト。近年では、置時計やフォトフレーム、湯呑みなど、さまざまな実用的なアイテムに贈り主の名前やオリジナルのメッセージを入れることができます。

名入れギフトの魅力は、「自分のために特別なものを作ってもらえた」という満足感が得られることです。家族と離れて生活していたり、ふだん一緒にいても伝えられない想いが形に残ることで、ふと目にした時にその時の幸せな気持ちを思い出すことができます。

お祝いの気持ちを形に残したい場合にはぜひ名入れギフトを贈ってみましょう。長寿祝い専門店であれば取り扱っている商品も豊富ですので、気になる商品を検索してみては。

人生の節目にふさわしい記念品

喜寿のお祝いに温泉旅行

77歳にもなると、身の回りのものはすべて揃っていると考えて、実用品というよりは記念品などを贈ると喜ばれるケースも多いです。さらに品物だけあげるのではなく、お祝いの席を設けて楽しい会食をすることもとても喜ばれます。

直接会えない遠方にいる場合でも、ビデオレターや家族写真のアルバムなど記念に残るものをプレゼントされると嬉しいもの。喜寿を迎える方が時間に余裕がある場合は、ますます健康でいるために健康グッズや温泉旅行券をプレゼントして、家族みんなで温泉にでかけるのも良い思い出となります。

熨斗は蝶結び

喜寿ギフトにのしを付ける場合は、長寿のお祝いでもあるため何度も繰り返したいことなので蝶結びののしを使います。表書きは祝喜寿長寿御祝などとします。

喜ばれる喜寿祝いとは?定番から縁起物までおすすめ5選!

 

喜寿祝いギフト選びの注意点

77歳のお祝いギフト選びの注意点

喜寿のお祝いには決まりやしきたりなどもあります。特に注意したいポイントとしては、喜寿を迎える方が主役となるための喜寿ギフトを選ぶことや、本人の意思を尊重して、本人が望む喜寿ギフトや食事の内容などを聞いてお祝いすることで

喜寿の方に希望を聞いても、特に希望がない場合には、年相応というよりも少し若い感覚の明るくお洒落な喜寿ギフトが喜ばれます。

ついつい、形式にこだわって「紫色のちゃんちゃんこ」をプレゼントしないと・・と思う方もいるかもですが、昨今は喜寿を迎える方に見合った、年寄りな感じをイメージさせない、若々しいイメージのプレゼントが喜ばれる傾向にありますので、注意してくださいね。

喜寿祝いってなに?ふさわしいギフトと押さえておくべきマナーの基本